エーデルワイスブログ

« 人生をリズミカルに | 現場は、共に嬉しく豊かな時間を目指します。 »
2016年10月03日 06:20:48
サービス付高齢者住宅『住宅型』の理解

IMG_0240.JPG

***

はたらくこと、

昔から働き続けた人等には、

働く支援があることで

笑顔が生まれ

会話が活性化し、

まるで

婦人会の集まりのようです。

IMG_3713.JPG

高齢者住宅において、

デイサービスや外出、老人クラブ等へ通うこともなく

お元気で、住宅内にいる方に、

『とうもろこしの皮むきです。時間のある方はど~ぞ!』と

お声をかけさせていただくと、

スタッフが驚くほどの速さで皮むきが始まりました。

みなさん、夏の疲労からの回復も早く、

なるべく全員に声をかけさせていただく等、

少しの会話の充実から、

在宅時では、毎年襲っていた秋の気分低下もなく、

食事は、

ほぼ完食されるほど

お元気に過ごされています。

28102_2.jpg

また、

突然の病から入院中の方も

高齢者住宅と言う、

ご自宅と同じくサービスを受ける事ができるサービスの種別から、

病院受診時の訪問介護の送迎、付き添い、

個別での看護、

個別での介護等の導入から、

復帰する場所がある安心もあり、

入院中の、

病院内によるリハビリの充実に励み、お帰りをお待ちしてる状況です。

28102.jpg

高齢になってからのサービス選択は難しいですが、

いろいろな仕組みがあることを理解され、

ご自身にあったサービスを導入する事が、

大事と考えます。

福祉を営む自分等が出来る支援を利用の可否に関係なく

相談を随時受けつけております。

家族様だからこそ関係が近すぎ、

これから先を安堵する心が届きにくい方にも、

プライバシーの距離を保ちながら、

個別での対応を支援させていただいております。

IMG_0208.JPG

自宅での生活は困難となっても、

24時間、見守り体制があり、

看取り支援もさせていただいた高齢者住宅

『住宅型』だからこそ、

遠慮なく戻るシステムの理解により、

地域包括ケアを推進できると実感します。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.