エーデルワイスブログ

« 癒しと再生の場 | 忙しい事は良き事かな »
2017年08月11日 06:30:19
陰日向の無いお世話からご褒美をいただいた二人

施設長、今いいですか』と

グループホームの開設当時から、支えていただいている職員から声をかけていただきました。

彼女は、

使命があるようで

開設当時から現在までの数人の看取り時には、

『あっ、○○さんのときかな・・』と思えるほど

偶然が重なるように

安らかに天に戻られた方が少ない中にも重なる場面が多いのです。

また、看取りの人の呼吸が荒く夜勤から帰る時には、

もう少し居てもいいでしょうか・・・と

その人の最期に立ち会いたい・・と申し出る職員でもあります

IMG_5644.JPG IMG_5554.JPG

あさ

IMG_5646.JPG IMG_5631.JPG

ひる(シンフォニーKシェフのどんなときも笑顔の頑張りに脱帽です)

その職員のご主人が体調を崩し

何度も何度も病院へお連れしたら・・と妻である職員も同じように声を届けていたのですが、

病院へ訪れた結果は、

大きな目からポロポロと涙を流し

やっぱり癌でした・・・』と、

涙を流しながらもパート勤務から職員勤務となり

涙をぬぐい毅然とし

笑顔でまたご利用の中へと勤務に励む日々でした。

彼女の口から「施設長、癌が消えたんです。こんなこともあるのですね』と。

嬉しい、嬉しい、こんな嬉しい事はありません。

素直な心で人様を思う働きに

天が力を貸していただけたようです。

嬉しさは

一昨日も続き

もうすぐ育児休暇をとるばかりの職員が

お医者さんから逆子だったと言われていたけど、何もしなくても元に戻っていました』と、

先生も『動いているからだな・・と言ってもらいました』と。

“誕生”です。

新しい命がそこまできているのです。

彼女はサー高住のご利用者の為に、

部屋で水分を摂っていただこう

お熱が出ていないか・・』と小さな体を丸くして小走りで働き続け、

『走ったらだめだよ。あ~椅子に乗ったらだめだよ!」と周りの人々が声をかけるほど

無心に働き続けているのです。

二人に言える共通点は

純粋に、真摯にご利用者に向かい

陰日向無くお世話をさせていただいてる共通なものがありました。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.