エーデルワイスブログ

« シンフォニー熱々えびだしラーメン1丁出来上がり! | 生ききる支援のお手伝い »
2017年08月22日 06:47:11
やっぱりがんばろうー

^大変です!

講義資料作成があと2つありました。

最近は予定が立たず、

日々の対応だけで頭は混乱です。

脳細胞がポロポロつぼから落ちるように

大風呂敷もそろそろたたんでいきたい心境です。

CIMG5046.JPG

しかし、昨日の勉強会も若い人等が熱心なのです。

事故再発防止対策報告も

非常時災害時の事業所独自連絡網報告、

人的環境も、

すべて関係し、点と線を結んでいくと、

日々の生活に結びつき、

IMG_5043.JPG

『それは、どうしたらいいのだろうね』

『じゃ80歳の○さんになってみよう

・・・・・

考える

考える

・・・

考えを待つ、

・・

いくつかのピーポイントが導き出されました。

すごい!すごい!

CIMG4213.JPG

^ ^

ヤッター

来月の運営推進会議時に発表する課題が明確となり、

その課題から現場でご利用者と接しさせていただくことへと。

そして、その評価へと・・次の挑戦が決まりました。

置戸高校、

津別高校の新卒二人がチャレンジです。

^^

また、グループホーム2番地では、レビー小体型認知症を患うAさん、

妄想が妄想を呼ぶ日々が続いておりましたが、

現場から、

センター方式D4シートをみんなでつけだしたら、

不穏な行動も、妄想もなくなりました。・・』と笑顔の計画作成者からの発表です。

IMG_1380.JPG

さて!よーくわかりました!『何で記録だけで治まるのだろうねー』

ここです。

ここです。

考える・・考える・

さすが先輩等は答えをもっています。

みんなの意識が優しい目線となって、

『今日は大丈夫かな・・』と意識をもっていただくだけで

レビー小体型認知症と、

認知症の仲間に入っているのですが、

認知機能は保たれている部分が多く、

IMG_5036.JPG

敏感に皆さんの眼差しや

ことばかけの回数増、、

また、現場から毎日○○さんの報告をくださいね。と、

依頼した内容が、食事量と精神面でありました。

*

この記録をとる行為が介護者側の意識となり

北見商科高等専修学校の新卒者も

時間短縮勤務のお母さん等も、

現場が一つとなり、

チームとなり、

認知症の人のケマネジメントセンター方式1枚のツールが

かけはしとなり、

また、自分へ送る内容が日常の意識を高める相乗効果となり、

安定支援となっていたのですね。

環境、

人も環境なのです。

立派な建物ばかりが環境が良いとは思いません。

そこにいる人、

その場の雰囲気がとても大事だったのですね。

認知症の人は9名迄のグループホーム、

デイサービスは12名迄と制限をかける意味が

そこにいる人も、働く人も納得であります。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.