エーデルワイスブログ

« 活動とリラックス | 先見性のあるトップの考えと行動 »
2018年01月14日 06:44:24
シンフォニー高齢者からの医療との連携

発疹

発疹が出現する場面では、

その前後に何があったのか、

その人の発疹前の身体への変化を把握することが大事だと現場から思う。

①身体の変化からの近々の受診が無かったか?

②服薬が変更になった薬はないか?

③また、普段と違う食べ物からのアレルギーなど予測された物の摂取が有るか、否か。

④発熱後等

IMG_3219.JPG

上記から

ご利用者に①②が該当し、

早急の受診を促すと、

案の定、薬害からの薬疹と診断されその人にとって安全な服薬が投薬され

数日後の再度の受診予約となった。

IMG_6365.JPG

CIMG5397.JPG

報告から

何の為の服薬が影響を起こし

何の服薬に変更になったのかを尋ねると

精神保健福祉士の資格を持つスタッフは

直ぐ行動しいち早く理解を得る事ができた。

命を預かるには、

一つの事柄を深める癖を身につけると、

命を守ることにつながるのだから。

IMG_3220.JPG

サービス付き 高齢者住宅シンフォニー(住宅型)

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.