エーデルワイスブログ

« 20日盆 | 素敵な一日 »
2018年08月22日 06:04:53
いろいろ

数日、早いですがお誕生日会を実施しました。

「皆様のおかげでここまでこられました。ありがとう」と

涙ぐまれ、お言葉下さいました。

色紙にとても喜ばれておりました。

メニューは、

赤飯.お吸い物.すりみカツ.煮物.酢の物.サラダ.果物

おやつ
誕生日ケーキ

IMG_9550.JPG

全体:動と静の時間の提供をしております。

◆スタッフ自己評価より

A・落ちつかない方とのお話対応や個別の農業支援をこない

落ち着きを取り戻していただきました。

B・入浴介助にて皮膚の確認・保清を行っております。

C・調理にて食べやすい提供の配膳を心がけました。

D.体操やレクレーションの提供を行い楽しい時間を提供できました。

E.安全な移動・乗降の声かけ、誘導を行い安全運転を心がけました。

デイサービス五号館  松木(管理者代行)

asd.jpg

ほっと ひといき ◆

昨日は、お嫁ちゃんに

犬の花子を獣医さんのところへ連れていってもらいました。

花子は、草わらが大好きで散歩に行くと草わらでよく寝ころがります。

受診する理由は、

左足に傷があり少しふれるだけでも形相を変え痛がります。

また、お腹を起用に何度もかきむしることが多いのです。

獣医さんが左足へ電動カミソリを当て毛を刈ると

キャンキャンキャーン!!と大叫び。

おなかの皮膚のかゆみは犬独特のもので

抗生剤が必要と注射と塗り薬が処方です。

注射中も、おおあばれであったと。

足のけがもたいしたことはなく、なめてかさぶたがとれただけだと。

日常から、かみなりや、お隣の花火のキューンとする音だけでも

おびえています。

獣医さんの話から

この犬は、とくに臆病で大げさな犬だと(笑)

シバ犬交じりの雑種だけどシバ犬に多いと!

《回想》

きっと、生まれて数週間で保健所に収容され、

初めての出会いが、キャンキャン泣いていた様子が浮かんできます。

幼心のあのときの恐怖が

何をされるのか・・と、

蘇り、

心に染み付いているのだと・・・。

そうだ!!

親バカ飼い主であります。笑

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.