エーデルワイスブログ

« ICFで心身の変化のある方のサービス担当者会議 | ほっとする料理・ワクワクする料理 »
2018年11月09日 06:12:21
具体的な分析からチーム力が高まる

北見市留辺蘂にあるデイサービス

オンネナイ原野

『ここにくると5歳若返る』と!

嬉しいお言葉は介護力を高めますねー。

*

IMG_9347.JPG

○○様、通所に慣れて下さり、

「ここに来ると5歳は若返る」と

大変喜んで下さっています。

また『本が読みたい』との希望をいただき、

留辺蘂の本のご支援で

集中力もアップする場面がありました。

皆様が喜んで頂けるよう支援継続していきます。

*

IMG_9352.JPG

(料理は小野寺料理長:さすが!)

メニュー

えびごはん

みそ汁

餃子

春雨サラダ

ごまあえ

果物

オンネナイ原野  生活相談員  山下

***

***********************************

グループホーム

サービス担当者会議終了

1枚のICF分析書面は、参加者の皆さんのお手元に届き

分析後の具体的な意見交換となりました。

ホームからの現在のご本人の状態、

その根拠となる分析、

その対応についてのご説明、

また、家族様が置き去りにならない資料に基づく展開は、

家族様側からの個人因子に基づく『希望支援』まで発展し、

環境因子では、

看護側の専門医と連携する根拠と、

看護の役割、

グループホームの役割

家族様の役割等

本人を中心とする内容が、

多忙な参加者の方々も短時間でより明確に分析でき、

◆◆◆

************************************

IMG_0527.JPG

*

IMG_0526.JPG

*

IMG_0528.JPG

★自分手づくりラーメン★

*

デイサービス五号館

頑張りました!

ラーメン完成は、ご自身の手で!

ラーメンバイキングです。

ご自身で考えながらつくる1品は格別ですね。

考える介護は、

誰でも、どこでもチャレンジできる身近な提供からのご支援となります。

************************************

◆◆◆

18年経過した介護保険も、

ありきたりではない、

家族様希望による

オーダーメイドの手づくりのメニューが展開できることに

変化と

嬉しさ、

また、まさにサービスを購入するのだなという

在宅に属する

認知症対応のグループホームの制度に感謝する場面となりました。

*******************************

○●○

グループホーム1番地、おまけの話しです。

「★★東急デパートに行くんだ★★』

秋も深まり

自宅も恋しくなりました。

『今日は、東急デパートまでいかなければならない』と

過去の記憶に遡りました。

傾聴、

受容ができる、

たった9名と限定されているグループホームだから

心も落ち着きましたが、

お昼の散らし寿司の提供に

『おいしいなー!おいしい」と 喜んでいただくことに

満足感を味わい、

先ほどの心の隙間を埋めることができたようです。

*

CIMG8486.JPG

(グループの朝ごはん担当:小林さん

品数多くありがとう!)

*

002.JPG

ふじたさんおめでとう!料理よかったね。

(昼のちらし寿司)

日々の介護においては、

長時間の1対1のご支援は難しいこともありますが、

スタッフの頑張りにありがたい気持ちが湧き上がります。

近々で

ドライブから

過去と現実の統合を図るご支援を展開させていただきましょう。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.