エーデルワイスブログ

« 暮らしの安心から、デイサービスへつながりました。 | 各事業所の運営推進会議 »
2018年11月26日 06:09:49
見舞いから気づく自分への回想

遠軽までの見舞い、

一筆入りの、のしぶくろと、

食べる事ができない人へ何を持参するのか、

さしあたり無難に

コンビニで新聞か?、本か?と手にするが

届けた本の題名は、

『寝ながら体を鍛える本』となった。

*

IMG_0662.JPG

(Ⅲ号館)

*

なんだか考えてみると入院患者に渡すような本ではないが、

どこかで、

はやく良くなるようにと願っている自分の深層心理なのかと

気づく。

コンビニの書棚に共に並んでいた『性格のいろいろ』とあり、

そのフレーズから、

過去の自分の性格診断まで遡り思い出すことができたが、

当時の性格診断には、

なんと『親』の自分がいたのだ。

子供にでもこの作用が出てくるのだ。

*

IMG_0654.JPG

(五号館)

*

そう考えてみると

幼い過去には「なんで自分なのだろう」と、

3人兄姉のなかで末っ子の小学5年生の自分が、

入院した両親に代わり、

金庫番をし、

住み込みで働いていた人等にも

采配をしていた当時の自分の姿が重なったが、

親が無事に戻るとこらえていた重責が

涙となって大きな荷物を降ろした気分となっていた自分がいた。

*

IMG_8297.JPG

(シンフォニー♪)

CIMG8632.JPG

*

004.JPG

(グループ)

*

今は、世の中の出来事の動きを

『そうか、そのようになるのか』と

5年生当時からは随分と鍛えられた自分が

『おもしろい ^^』と

客観的にみる自分がいる。

せっかくこの世に誕生した一度っきりの人生である。

*

旅たつ瞬間まで全てが初体験であるのだ。

恐れず、

チャレンジ精神を忘れず

一日を

後悔なく

残りの人生をしっかり生ききることとしよう。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.