エーデルワイスブログ

« 誰もが地域で生きぬく為に | 講座のご案内 »
2019年03月04日 07:21:49
それぞれの ひな祭り
CIMG9462.JPG
(グループホーム昼)

ひなまつり、

懇談会の会場でも、

命にかかわる自分の事を想定した避難から、

休憩時間の

お琴演奏による

ひなまつりの曲、

耳が遠かった人も一生懸命聴こうと集中し、

疲れた体に

耳に優しく懐かしいお琴の演奏が流れ

*
また、六段の調べでは、

日本の昔と

日本ならではの琴の音色が会場を優しく包んでいただけました。

*

IMG_8786.JPG

(シンフォニー昼)

サービス付き高齢さ者住宅シンフォニーでは、

皆さんに喜んでいただきたいと

一生懸命心を込めた手づくり料理が振舞われました。

今までは、残すからご飯の量も少なくしてほしいと、

おっしゃっていたご利用者も、

ご飯の量を増やしてほしいとの希望が有り

スタッフへ嬉しいお言葉もありました。

IMG_8787.JPG

(シンフォニー  夕食)

*

日曜日営業の五号館も、

経験豊富なスタッフが

手づくり桜餅を皆さんに振舞っていただきました。

*

IMG_1523.JPG

*

東京からお越しの永田久美子先生等も

委員会終了後の女満別空港へ来られ

翌日には、最終便で再び羽田へ戻られるスケジュールの中

コロコロと大きめの手づくり桜餅に

『食の伝承ですね』と大変驚いておりました。

IMG_1525.JPG

*

日赤看護大学教授の根本先生も、

昨日、札幌から女満別へ戻られ真っ直ぐ会場へお越しいただき、

翌日には再び羽田へ行かれるご予定の中、

北海道が、日本中が、

良き方向となるようご努力されている姿に感動をいただきました。

*

また、予想を上回る大勢の皆様の参加や、

認知症の当事者の方々もお越し頂き、

また、地域の皆様の多くのご協力をいただき

深く感謝申し上げます。

ありがとうございました。

**

これからが、本当の意味で多くの課題の中から

個人、自らの責任で

安全を模索し確立を要する時間となります。

第二・第三と小さな話し合いの場と

実践も含めた体験も含め意見を聴かせていただきながら

継続させていただきたいと思います。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.