エーデルワイスブログ

« 庭に咲くスズランの花の為に | 暑いので1階ロビー・2階廊下で冷茶サービスから世間話しに🌸が咲 く »
2019年05月26日 06:31:03
本人の言葉に耳を傾ける

デイサービス管理者が

『いつもと様子が違うんです。

あーこわい。と言ってデイサービス到着後に椅子に腰かけたんです。

いつもは、そんなことはないんです』との

現場でいつも看ている人の意見から、

早速、医療との連携です。

*

DSCN2440.JPG

ドクターは、見た目も元気な様子でもあり、

バイタルも変わらず

『念の為、血液検査をしましょう』と対応していただきました。

すると、検査のデーターからあまり良い状態ではないことが判明しました。

昨日、

ご本人が着席するテーブルで皆さんに向かい、

自分もそうだが、

誰もが来る最期のときには、

医療を優先することも可能であり、

どちらでも自分で決めることができることを伝えると、

『延命は嫌だ!』と首を横に振りました。

ある利用者様は『それは寿命だから。もういいです』と。

DSCN2443.JPG

(小学校運動会への参加)

認知症になっても、

ことばを上手につなげることができなくても、

ふと、もらした言葉から

既往歴・現病から体の変化に介護者が気づき

早期に

その人の意見を伺い

自分らしく最期まで生ききる支援ができることを

この度も体験させていただきました。

DSCN2477.JPG

判断は、どちらを選択しても見送る人等は

『これで良かったのか』と、

自問自答することが多くありますが、

何気なく答えたご本人の言葉の記録が

難しい難題を、

これまでのその人らしさからも勘案し

ご家族は、

お決めになることができます。

DSCN2466.JPG

(運動会御前)

これまでと変わらず

馴染みの人等と体調に合わせ短時間でも通所することができ、

お好きな食べ物を

最期まで口から食べれるように

形態を考えながらご支援をさせていただきます。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.