エーデルワイスブログ

« 食事と巧緻動作活性で認知症進行防止 | どこでもあるケースです。困難は、こちらの考え方だったかな^^ »
2020年01月28日 06:53:57
シンフォニーの利用者様

サービス付き高齢者住宅シンフォニーの利用者様.

1.27.jpg3.jpg

自立の方、

要介護4の方まで現在お暮しなっております。

1.27.jpg

要介護2のご利用者様は、

今、認知症の進行と共に毎日お話をしていただけるのは

子どもの頃のお話と、

ご両親が優しく守っていただけた頃の言葉や

その頃の豊かな状況です。

認知症の進行と共に過去には函館の先生から

『二度わらしになるんですよ』と、

伺ったことがありますが、

1.27.jpg2_2.jpg

過去に腰を悪くした後遺症から

姿勢を上手く保つことが困難となり

ご本人、了解のもと、

姿勢を整える為に授乳用の枕を前面にあてると、

1.27.jpg5.jpg

『あったかーい、

いいわーと』、

それまで頻尿だった回数も

落ち着きを取り戻し日常の生活でも『ありがとうございます』と、

感謝の言葉を述べていただき

腰の痛さも遠のく場面がみられております。

1.27.jpg1_2.jpg

身体の姿勢を正しく保つことで、

これで膀胱への圧迫も防げているのかもしれません。

1.27.jpg2.jpg

少しの特別な支援を届ける事で

子どもの頃、

親が困ったときに助けていただいたように

心がほっこりされたのかもしれません。

また、ご本人の言葉を何度でも伺わせていただき、

数回目で、

適度にご本人が興味を持つ話題へと変えることも必要ですが、

そこには、尊厳と笑みをもちながら傾聴することで、

少しの手間以上に笑顔がかえってきます。

1.27.jpg2_3.jpg

授乳用の枕も、

先輩の指導者で友人である

札幌GH武田先生から学んだものです。

代用品は、いくらでも知恵をしぼることでありますね。

1.27.jpg1.jpg

(写真はシンフォニー昨日一部から)

1.27.jpg3.jpg3.jpg

目の前の現象だけにとらわれず、

何がそうさせているのか冷静に考える事が

介護現場の工夫であり喜びとなることを

今回も

利用者様から根拠をもって教えていただいております。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.