エーデルワイスブログ

« 先人への感謝の日 | 体を動かし楽しむレクレーション »
2020年02月13日 06:17:24
根拠・研究
DSCN6090.JPG
Ⅲ号館
DSCN6111.JPG
習字と音楽と!!
◆◆◆◆◆
🎶

グループホーム報告より

レビー小体型認知症を患う◎さんも

穏やかに音楽に集中され

その後、いつもは排泄時には、

怒りに変わるトイレ介助も拒否はありません。

IMG_0083.JPG

(上手だね。心がみえるね。)

あさ

同じくレビーを患い自律神経系にダメージが襲い

倦怠感が強く表出される方も

「いいねー」と静かな笑顔で聞き入り歌われました。

*

IMG_0084.JPG

(主はナポリタン)

ひる

同じくレビーを患う

秋田出身の○様も

ピアノ演奏に「すばらしいね!」と。

前回は、秋田名物数々あれども〜♪と歌っていただきました。

GH入居後は、怒りは一度もありません。

IMG_0103.JPG

(主はまぜごはん、)

よる

ふるさとの曲からは、

○様、寂しい気持ちになるね・・と。

(^^♪

◆◆◆◆

記憶は忘れることが多くなっても

感情は豊かにのこされております。

今、現場は音楽(ピアノ演奏)からの言葉や

行動面の変化

その後の食欲

意欲、

排泄等、

とくに変化ある曲と個人との関連等、

精神面の変化を把握し根拠ある支援を事業所全体で研究中です。

IMG_0097.JPG

IMG_0096.JPG

◆◆◆

今、同時に虐待研修からの個別アンケート締め切りです。

今後は、

管理者との対話

個別の指導等、

次の段階に入るところです。

虐待は、言葉使いや不適切なケアから始まりますね。

この初期の気づきがとても大事で

虐待研修は、年に数度と思っていましたが

勉強会を毎月おこなっていることから

昨年初のサー高住の実施指導時に、

気がるに何でも尋ねさせていただくと、

オホーツク総合振興局の主査の方から

『毎月でもいいんですよ』とアドバイスを受け

考えを新たにしたところから始まっております。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.