エーデルワイスブログ

« エビデンスを認知症の人にも伝える大事さ | »
2020年03月15日 06:20:53
シンフォニー  ケア
image0.jpg
スタッフの頑張を文字で表し
たものです。
納得後、添付です!

サービス付き高齢者住宅シンフォニーは、

ほぼ、軽度認知症を患う人を優先させていただいております。

元気で『夜はお酒を飲みに行きたい』という方の入居は、

残念ながらお断りをしております。

DSCN6375.JPG

(昨日はホワイトデー)

また、今の時期の入居は

呼吸器の現病がある方や

crpの炎症反応が高く安定しない方は

医療が優先し、

お守りするのが困難な為、

入居判定委員会で

重症化したときの対応が難しいとの判断をさせていただきました。

申し訳ございません。

IMG_5315.JPG

命を預かることは、誰でもOKではなく

その人の人生の最後の章を預かるわけですから

とても責任があると考えるからです。

DSCN6383.JPG

(楽しい笑いのⅢ号館!マスクと喚起入れ替え感染防止策徹底です)

シンフォニーのスタッフは、

ほぼ認知症ケアを終了した人ばかりであります

また、グループホームと違い

手厚い介護はできませんが、

見方を変えると

認知症の人の自らの力を活かす場でもあります。

レビー小体認知症を患う人(幻視・幻聴)の対応も、

生活相談員も、厨房スタッフも

訪問介護スタッフも、ほぼ対応ができます。

12.20.JPG

IMG_4354.JPG

(元気元気の華蓮です。機器の衛生も徹底です!)

二階では

自由な時間、一人カラオケにはまる方も)

それは、

受容と共感でありますが、

その根底は、

その人の人生を知り、

その人の悲しさを知り、

その人が今、残されている力を知り、

尊厳をもったマニュアルではない、

心を入れたケアが必要となることを知っているからです。

IMG_4353.JPG

認知症の人の心は純粋で

記憶は忘れても

瞬時に

投げかけた言葉が真実かそうでないかを見分ける力は

誰よりも研ぎ澄まされております。

IMG_0222.JPG

(Ⅲ号館)

退院から再入居となった○○様です。

一方的な見方から、

その人自身の目線に合わせた見方をすると、

今は、入院から戻ってきたばかりです。

大事な体を守る為にお部屋で休みましょう。

皆さん心配していますよ』と

なるべく短い言葉で、

IMG_0217.JPG

○○様への

尊厳(商売が成功するまでの夫との努力・生まれた土地を話す喜び、

夫を亡くした悲しみ、苦しさ、思い出す両親・姉妹)を根底に持ち、

接しさせていただくと

『そうだね!入院していたモネ』と笑顔をいただき納得に入ります。

ことばには『言霊』があり、

うわべだけの言葉は否定され怒りを伴いますが、

真摯に心を入れた言葉は信頼を築くチャンスとなります。

IMG_0223.JPG

(グループホーム)

自分は、人と会話するのも苦手だという方でも

認知症の人は瞬時にその人を分析し、

心がないと、見下す場面や、

『まだ、未熟だな・・』と

スタッフを導き教えられることも多くあります。

●●●

感染が心配な今の時期こそ、

手洗い、スプレー消毒をする際にも

1秒の心を入れ

『大事な人だからお願いします』と伝えると

『すまんね。もっとかけていいよ』と好意的に受け止めていただけます。

◆◆◆

昨日も遠方の家族様や

市内の家族様から励ましのお言葉をいただいております。

シンフォニースタッフも、負けずに頑張っております。

昨日の首相のあらゆる人への感謝や励ましの言葉も

ありがたく受け止めさせていただきました。

認める事、

感謝を伝える事、

これも生きる支えとなる『言霊』となりました。

●●●

image1.jpeg

スタッフ、ソロプチミストへの参加)

介護ばかりではなく、すべてのものにチャレンジすること!

自分の人生を振り返るチャンスをいただき、

○○さんは、とても成長しました。

良き場をいただき関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

●●●感染及び不健康者●●●

すべてご利用の皆様、

本日6:18分現在、発熱者・不健康者はいらっしゃいません。

もう一歩、もう少しの北見です!

がんばろう北見!!

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.