エーデルワイスブログ

« 一つになるチャンス! | 閉鎖した空間から、認知症進行阻止支援が必要な時期であります。 »
2020年03月19日 06:21:41
気温の上昇は機能訓練を自ら誘発します

気温が次第に上がってきております。

人の心も、なんだかうきうきし、

気温の上昇と共に、足腰の運動の時期でもあります。

IMG_4367.JPGDSCN6405.JPG

3.18.JPGIMG_0280.JPG

歩かなければ・・と

それまで機能訓練も拒否しがちだった方も、

すんなり受容され歩行訓練に励みます。

シンフォニーでは、誰もいないときを見計らい

歩行器を押し長い廊下を歩行訓練の方も。

DSCN6404.JPG

グループホームでは、

パーキンソン・レビー小体型認知症を患う○○様も

一歩、一歩、歩行訓練が機嫌よく行われてます。

*

IMG_0278.JPGDSCN4205.JPG

IMG_0279.JPGDSCN6403.JPG

デイサービスでは、お迎え時から介護が始まりです。

その日の気分の把握

健康状態

数日前からの健康面・精神面の変化をそれとなく

(在宅介護者へ押しつけ言葉にならぬよう配慮)

傾聴させていただき、

その日の支援の組み立てが始まり、

デイサービス到着後は、短い言葉でスタッフ間で連携です。

DSCN4204.JPGDSCN4286.JPG

●●●

昨日の気温の上昇に伴い

喚起・室温を確認させていただき、

バイタル測定、及び排泄状況から水分量を多めにする方も。

!(^^)!

全事業所、皆様お元気に過ごしていただいております。

発熱者は、昨日もいらっしゃいません。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.