エーデルワイスブログ

« デイサービスお休み中の自宅訪問からあったか交流へと・・ | 迅速な対応から幸せだった普通の暮らしが »
2020年03月31日 06:00:19
精神的生命を宿し逝った志村けんさん

まだまだ、これからもっと頑張れると思った人の悲しい知らせ、

人は必ず限りある命を預かり、

たった一人でこの世に誕生し、

また、一人であの世に戻っていくことは

誰もが知っていることなのですが、

個々の心に存在する身近な人ほど、

知ろうとはせず、

信じたくないという思いが馳せます。

yjimageOU4ZEDA1.jpg

生まれたときは本能的な生命で生まれ、

亡くなるときは懸命に生きてきた証のように

精神的生命を宿しながら戻りたいものです。

nature-3073677__340.jpg8632cea5ac25c10d80510dcfd5af28f1.jpg

志村けんさんは、多くの人に笑いから喜びを与え

テレビを通しながらも家族団欒を導き、

笑いへの情熱と仕事への研鑽を惜しまず、

人の心の真髄に迫る磨きをかけ、

命の尊さでは動物への尊厳を高め

人生の最期には、かつてない世界中の苦しみである

コロナの危険を身をもって一番に茶の間に投げかけ、

日本の窮地を救うことにつながる偉大な人でした。

ご冥福をお祈りいたします。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.