エーデルワイスブログ

« なぜ・どうしてと考えること、会話することで新しい発見 | 今のうちに »
2020年06月14日 06:34:40
仰々しいフエースシールドが逆にご利用者に効果

フェイスシールドについて

本日よりフェイスシールドを着用して朝の会で歌を歌いました。

「これは何だろう?すごいね!」と話されておりました。

外してしまう方もおらず、

しっかり着用し、歌って頂けました。

デイサービス五号館  管理者 介護福祉士 早坂

IMG_6012.JPG

◆◆◆

少し仰々しいが、この大袈裟な形こそ

皆さんには、ご自身を守る道具として良い方に捉えていただくことができた。

歌をおもいっきり歌い、

歌からいろいろな場面を思い出し、

回想から昔と現実の今を統合し脳活性を支援することとなる。

!(^^)!

IMG_6022.JPG

笑いの体操も堂々と行っていただきたい。

IMG_6018.JPG

もう14年以上、自分等で好きに行ってきた笑いの体操であるが、

日本の伝統である狂言の笑いとよく似ていることに驚いた。

(ご無礼します)

IMG_1017.JPG

お腹に力を入れ次第に大きく両手を伸ばすのは、

何回も行う間に自然と整ったものであり、

丹田に意識し腹式呼吸でワッ!ハッ!ハッ!ハーとタンキングのように音を切るのも

野村萬斎さんの指導と、なんともおこがましいが似通っている。

DSCN4903.JPG

DSCN4771.JPG

(お好み焼き)

その笑いの体操の名人が高齢者住宅のサービス提供責任者である。

いつものラジオ体操に笑いの体操をフエースシールドと、

マスク着用、ベランダは全開とさせていただき、

ナチュラルキラー細胞や、

顏の表情筋も鍛え、

次第に乏しくなる表情の維持・改善を目標としよう!

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.