エーデルワイスブログ

« レビー小体型認知症ご相談から | こどもは偉い! »
2020年07月18日 06:29:48
生き甲斐のある生活

楽しい家、

暗い家、

自由にままならない生活だからこそ、

母親や父親のアイデア一つで

その環境の真っただ中で楽しむことができる。

DSCN4937.JPG

IMG_1313.JPG

DSCN4934.JPG

給料日前には、丼物のご飯で豪華に見せ

子育て中の休日には車が無くても

バスに乗り、

列車に乗り

車で1時間ほどの町をにセミ取りの夜を楽しみ、

お金が無くても子を喜ばせようと、

親は子育て中の環境を楽しむことができる。

DSCN7030.JPG

親というものは、

いつの時代でも

満度な環境でないときこそ子等へ努力し喜びを与えてきた。

IMG_6293.JPG

今、制限された環境から

何ができるか、

せっかく命があるのだ。

必死で子育てをしていた

それぞれの当時の親の自分を思いだすと

どのような境遇においても

明るく

人として生き甲斐のある生活を相手に与えることができる。

楽しい家、

暗い家、

選択するならやはり明るく笑いのある楽しい家を子も自分も家族も選択するだろう。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.