エーデルワイスブログ

« 心機一転 | 日曜日デイサービス 食から祭り気分を味わう »
2020年08月02日 07:06:30
認知症

認知症を患う人が鎮痛剤等を使用する場合、

とくに、

レビー小体型認知症と診断をいただいている方は、

副作用が出やすい場合もあります。

家族介護の皆様には大変ご苦労ですが、

水分制限がない場合は、いつもより多めの水分を促し

排泄をしっかり促しましょう。

服薬から、血中濃度が高くなると、

副作用から妄想等が起因し、

転倒や玄関上がり口の段差を忘れることなどの事故が多くなります。

8.1_2.JPG

◆◆

また家の中にいても熱中症には十分注意が必要です。

現場においては、

熱中症を発症すると認知症の進行が著しくなる等、

その後の対応にも影響が出てきます。

こまめな水分補給が大事で、

冷房と扇風機の併せた使用が効果を上げます。

8.1.JPG

変化時には早期に医療との連携や、

どのような些細なことでもプロの介護者に相談をしましょう。

その場でなくても必ず回答がいただけるものと思います。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.