エーデルワイスブログ

« デイサービス | 温暖化と、新型ウイルスは関係があるのか・・? »
2021年01月16日 08:01:49
自宅待機・施設待機

コロナ発症時の無症状の人等には、

恐れていた、病床ひっ迫時における高齢者自宅待機や

施設においての入所継続案がついに出てきた。

老々介護の場においての自宅待機は、

非常に多くの課題が浮かび上がってくる。

DSCN8103.JPG

施設関係では、自分等もご家族等への説明文書作成途中で

管理者等とゾーニングについての意見交換を行っていたが

難しい場面も浮上している。

また、無症状感染者を

施設から事業所が関係する外部へ移動した方が良いのか、

判断がつかぬまま、保健所の指示に従うとの書類をまとめる最中であったが、

ここにきて、

ついに恐れていた文章が登場した。

DSCN8104.JPG

しかし、ひっ迫した状態になるならば、

地域で考えるならば、

地域の公民館や住民センター等の場所を利用しながら

感染対策の専門の方、看護師、地域の医師、

市町村の職員や道の職員等の巡回

含む関係施設の人等の助け合いも考えられるのか?

(災害であるのだから)

・抗体検査や、ワクチンが手元に届いた時期ならば早期の

ワクチン接種者。

・各、施設から集めた対応者の事前訓練(少人数)の場の案。

少し離れた場所には、

使用されていない大型の施設(大学)も実際在る。

このような事態ならば、使用を困難としている

全ての課題をクリアーにしなければならないだろう。

1.15.jpg

だが、何としてでも、この問題は避けたいところであるが、

『若者は大丈夫』と言う迷信にもそろそろ結果が出始めてきた。

●●●

コロナに罹患した若者の後遺症、

倦怠感・嗅覚異常・頭痛・胸の痛み・抜け毛等の症状が出ているという。

倦怠感は、一見理解してもらえることは難しく、

仕事への意欲の減退や、集中力の欠如、

味覚異常が続ならば職の制限も考えられ、

これからの未来ある人生にも大きく左右するものであり

今の1年の行動が今後の人生に大きく襲いかかるものである。

1.15_2.JPG

このウイルスは、出ないことが一番であるが、

これでもか!という感染対策の

その網を潜り抜けてくるからやっかいだ!

現場は緊張の連続のさなかであるが、利用者には笑顔で対応するスタッフに

頭が下がる思いである。

トップこそ、嫌われても

心を鬼にした状態がまだまだ続きそうだ!

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.