エーデルワイスブログ

2017年09月26日 06:15:28
今の自分よりも気高い本を読み込む作用

初めは、少々難しいと思われた本でも

何度も読み返していると、

目に馴染み

意味を取得しようとする働きと

持ちやすくなった本からの力が動き出すように

その本の本質が自然と理解できるようになってくる。

*

IMG_1791.JPG

(無・・・・・   )

また、他者の講話の一つからでも

難しい話を分かりやすく伝え納得させる人々や

また、

「わかりやすくしよう」とする部分に力が入りすぎると、

話し手も気づかないうちに

聴衆に迎合する話し方となり

本質からかけ離れてしまっているなーと

相手から教えをいただき

『自分もそのようなことがある。注意させていただこう・・・』と

人の話からも学びの場となる。

IMG_2324.JPG

(能動的介護:松葉にさわりたい・・ふれる・・回想)

わかりやすく話すことへの

加減の度合いから

本文から意味を遠ざける事では

その本の値がまるで違ってくる。

IMG_1783.JPG

IMG_1795.JPG

(緑のエキスは宝)

今の自分よりも

ちょっとだけ気高い本を手元に置き

リラックスした枕元で老眼鏡をかけながらも

意味を調べ、

また意味を調べたいと思う自分から学びはあるようで、

作者の言わんとしている本筋に近づくと涙が出るほど嬉しくなる。


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.