エーデルワイスブログ

2017年12月31日 06:32:02
心ある人等

先日、介護福祉課より

各事業者にメールが発信された。

つるつる路面からの転倒により数日後、

頭蓋内出血で亡くなっている人がおり、

冬季間の転倒や怪我に注意をお願いしますという

心ある啓発文章が流れてきた。

高齢者の暮らしも、

日常の生活なら我慢をするところであるが

大晦日を控え

子供や孫等の顔が浮かび

買い物や休日前の病院へ行く人等も多い。

IMG_3057.JPG

*

型にはまった文章よりも

亡くなった方を思うと残念であるが

このような心ある文章が流れてくると

次は

各、事業所前の玄関や利用者の玄関前の砂等の

滑り止めの配慮が

その人を守ることとなり、

事業所全体で

ご縁のあったその人への

目には見えない陰のボランティアの働きとなるのだろう。

*

自分の仕事に深みをつけるのも自分であり

現場を知る役職者からの発信は、

互いの心をより強固とし、

現場に精通した発信となるのだ。

IMG_3056.JPG

純粋なボランティア魂は、

心を動かす事で

いかようにも柔軟に仕事の中にも取り入れることが出来るのだ。

また、氷路面では歩き方は歩幅を小さく

自分は、靴の中で足先に力を込めながら1歩ずつ歩いている。

先日、転んだのは、

おうちゃくし雪山で斜めのところに立ち、窓からの会話中にバランスを崩したのだ。

しかし、若者はすごい!

平気でスタスタと歩き、しまいには走り出すのだ。

もう、キグレサーカスのようだ。

IMG_6082.jpg

更に、高齢者の意見を代弁させていただくと

各、大型スーパーや薬局スーパー、コンビニの店先路面も

もう一つの工夫が必要だ。

販売促進の為に客を呼びこんだら、

その次の付加価値が

『うちの店には安心してお越しいただこう』とする心構えである。

もちろん、しっかり整備されてる店もあるが非常に少ない。

・・

『いやーひどいわ!歩けたもんでない。少し値段が高いけど

歩きやすい店に行ってきたー』と言う話もある。

IMG_3924.JPG

昨日も、シンフォニー前で

コツコツと氷割りに集中していたスタッフに

『もう、寒いからやめたらわ』と声をかけると

『もう少しなんです。ここがつながったら大丈夫なんです』と、

融雪剤で薄くなった氷を

細い棒のようになった氷割を上下させ砕いていた。

ありがたい。

新卒で障害をもって働 くⅠスタッフに随分と助けられている。

視野を広くするという事は、このような結果にも通じるのだろう。

*

CIMG5887.JPG

(栗ご飯とごぼうとニンジンの鶏肉巻き)

***

北見市 介護福祉課 課長の発信が、

2017年12月のせわしい心にほっとする時間を授けていただいた。

お亡くなりになった方へのご冥福を祈ると共に、

まずは、自分の事業所に再度発信をさせていただこう。


パーマリンク

2017年12月30日 06:25:09
年の瀬回想

『銀色の道』のメロディーが流れていたが

同時に活気のあった幼い頃の賑わいも同時に蘇ってきた。

商売を営んでいた実家は、

12月は最も多忙な時期であり、

また、店に出る事が好きな自分は、

小学1年生の頃から店に出て

父親が開発したストーブの部品を売ったり、

町の人々は煙突もきれいに掃除をしたとみえて、

当時は気がつかなかったが、

曲がりや煙突を購入する人がとても多かった。

*

IMG_3051.JPG

*

暮れの20日を過ぎる頃には、

そりにタオルを積み込み

1件づつ

『来年も宜しくお願いします』と

配達と請求書を渡して歩いたのが小学生の4~5年頃だ。

なるほど、

何も考えずに訪問していたが、

信用があたりまえの時代であり忘れていた支払いを

思い起こす場面でもあったのだ。

自分は、支払いの意味も深くは知らず、

ただ、とても楽しく、

12月は、

店から通りに面した台にストーブや、

ジンギスカン鍋を並べ

値段や大売出しと書いたものを貼り出したり、

自分の力で役に立つ事が喜びとなっていた。

また、商工会の会員は必ず当番の日は担当する事から

母親は帳簿で忙しく

自分がくじの引き場所に出ていった記憶がある。

*

IMG_6070-.jpg

*

親は『勉強をしなさい』と言う事は、

まったく皆無であったのが幸せであり、

そのような時間をもつことができたのだろう。

今、考えてみると

よほど、

頭がよければ別だが

人並みか、それ以下でも

生きていく上では全く関係なく、

人との交流の方が最も大事である。

*

社会交流や

スポーツなど先輩・後輩の中から育つものも

一生を通じて必要であり、

蕎麦屋のアルバイトから

店主の話が良き刺激となり将来の方向性を見出したり

目的をもって勉強した大学へ入り、

生活の為にと働いたスーパーのレジでは、

厳しいおばさんへの対応経験が、

学びとなり、

教育者になっても

PTAの対応をスマートにこなす等、

IMG_3044.JPG

お金を稼ぐ事の意味を知ることは、

一芸に通じることにもなり

つまり

生き方を身につける人間力がいかに人には大事なのかが見えてくる。


パーマリンク

2017年12月29日 06:29:48
人生

日々の暮らしは、

バリーアフリーは非日常だ!

でこぼこあり、

坂道あり

つまづき有りの現状は、

人生の訓練においても

歩きやすい環境ばかりでは、

訓練にはならないだろう!

*

IMG_3003.JPGIMG_3005.JPG

IMG_3000.JPGIMG_2990.JPG

*

己の弱点を知り、

上がりかまちを乗り越え、

2階への困難な階段を目指し

体全体のバランスを使い

富士登山のように

やるきと勇気と負けない気持ちが

成し遂げた達成感と

ほっこりさせる笑顔を引き出すのだ!

*

CIMG5862.JPG

*

がんばれ

がんばれ

がんばった2017年のゴールも

もうすぐそこにあるのだから!


パーマリンク

2017年12月28日 06:38:30
すぎ行く年に感謝し新年を迎える準備

クリスマスも終わり

次は

しめ飾りや鏡餅等、正月の飾り付けです。

昨日は、柳の木にカラフルな飾り玉付きのお飾りを購入です。

すぎゆく年に感謝し

新しいすがすがしい気持ちで新年を迎える準備であります。

CIMG5238.JPGIMG_6286.JPG

IMG_6822.JPG*CIMG5871.JPG

しかし,先日の雨で歩く路面はつるつるです。

幸いにも純正の布団をたくさん着ているので転んでも大丈夫でしたが、

非常に危険な状態です。

あわてて靴に滑り止めを貼り、

全事業所の前にも氷を溶かす融雪剤をまきました。

先日の強風の時には、車中は運転手さんと3人体制で

玄関前のお迎えは介助者2名の対応で正解だったと報告がありました。

気候の変動も大きく臨機応変な対応が望まれます。

IMG_3020.JPG*CIMG5972_2.JPG

*

IMG_6053-.jpg*IMG_3035.JPG

*

12月は、1年の総決算です。

残りもわずかとなりましたが気を引き締め、

心身ともに

一日を無難に済むよう暮らしを整えます。


パーマリンク

2017年12月27日 06:04:02
きらわれOK!その一言が家族を守る!

先日、免許の更新に

あえて、後回しになる自分から年内に片付けようと

奮起しでかけました。

説明を受け、

北見地区交通安全協会会費を払わせていただくと、

更新の方で混みあう中、

すんなり印紙を貼っていただいたり、

『こちらで割り印を押してください』と、

細やかなサービスに驚きました。

見えない付加価値が安心とリラックスを呼びますね。

*

IMG_3018_2.JPG

*

教習では、

北海道独自の交通安全や

全国版の交通教本をいただきました。

●●●

特に心に残ったのは

子供の自転車事故(加害者)からの保障(被害者は高齢者)では

母親に賠償責任が下り

9000万円の支払い義務です。

破産宣告の事例から

未来ある子供の将来への一生拭いきれない精神的負担や

母親の経済的・精神的負担を思うと、

自転車運転に注意をすること、

保険に入ることの必要性を痛感しました。

また、飲酒運転では

アルコールの分解に

酒・ワイン・ビール等、

混合すると6時間~8時間もかかり、

寝るとアルコールが飛ぶように思いますが

寝ることにより分解が遅いということでした。

スタッフへも、

忘年会等からの

朝の飲酒運転にならぬよう早速通達です。

また、買い物などで近所の仲間に出会うと

『老人クラブのアッシーさんに乗せてもらってるんだ』という場面に出会いますが、

たとえば、

前夜のアルコールが抜けておらず

知らないうちに飲酒運転の車に同乗していたとならぬよう

運転手のおよその生活スタイルを把握する事も大事かな・・と実感でした。

*

CIMG5972.JPG

●●●

また、75才以上の方が違反を起こすと

臨時の認知機能検査を受けなければなりません。

生活に必要な運転免許証であるならば

違反をおこさないよう努める事も生活を守ることになりますね。

しかし、認知症の中でも最も多い

アルツハイマーが進行すると

運転途中で行き先が不明となり混乱から慌てたりする場面や、

運転技術も急に忘れてしまうなど

ひやっとしたことが重なる場合は

自ら免許証を返納することも考えた方が幸せかもしれません。

学びに損はないですね。

昨日は、きたほっとに来ていただいた

北見警察署の泉係長さんの話にも

みなさんとても集中され

年末の防犯に耳を傾けておりました。

詳しくは、後ほどきたほっとにご紹介させていただきます。

*

IMG_6050.jpg

*

自ら高齢の人等が学ぶ事は

最終の人生をより安全に導くものであり

正月の親子の会話や孫等への一言が

大げさに言えば

子や、孫やひ孫の人生を守ることにもなり、

大事な家族を守るのは高齢者からの発信かもしれません。

きらわれOK

その一言が家族を守る!ですね。


パーマリンク

2017年12月26日 06:09:59
まるでグリムの星の金貨のように・・

クリスマスは、

仏教教徒でも

介護現場においては、

大きなイベントの一つであり、

***

IMG_6041.jpgCIMG5211.JPG

CIMG5848.JPGCIMG5838.JPG

*

CIMG5223.JPGIMG_6747.JPG

CIMG5837.JPGCIMG5859.JPG

*

CIMG5847.JPGCIMG5199.JPG

IMG_6803.JPGCIMG5185.JPG

*

個々の、

その人のこれまでの人生を知り、

ある人は、

つい先日

たった一人の家族が亡くなり、

ひとりぼっちになってしまったその人を

*

CIMG5212.JPGCIMG5196.JPG

CIMG5200.JPGIMG_6791.JPG

***

CIMG5228.JPGCIMG5219.JPG

***

ただ、

ひたすら

笑顔を引き出そう!

喜んでいただこうとする

グリムのお話の“星の金貨”のように、

ご利用者に

喜びを与えるスタッフに敬謙な気持ちが湧き上がります。


パーマリンク

2017年12月25日 05:53:25
クリスマス聖歌

24日、クリスマスイブは

穏やかな天候となり、

夕方からは

皆さん1つの場所で合同で、

いつものメンバーとは違う人等と食事を共にし、

美しい歌声に耳を傾けていただけました。

*

DSCF7237.JPGDSCF7238.JPG

DSCF7258.JPGDSCF7256.JPG

*

DSCF7334.JPGDSCF7289.JPG

(高校1年生:メリークリスマス)

*

DSCF7249.JPGDSCF7321.JPG

DSCF7266.JPGDSCF7264.JPG

DSCF7241.JPGDSCF7274.JPG

DSCF7239.JPGDSCF7333.JPG

***

なつかしい娘さんのお顔に

当時を偲び喜ぶご利用者もおり

一年の過ぎ去る事の速さを実感させていただきました。

スタッフ等も応援に自ら参加していただきました。

今日は、グループホームのクリスマス会です。

DSCF7255.JPGDSCF7241_2.JPG

IMG_6272.JPG

追記

厨房担当のフライドチキン風と

焼きチキン2種類セットはとても好評で飽きずに完食です。

ケーキ36個(スタッフ分も入れ)は、

作り応えがありました。

お客様にも料理が美味しいとお言葉をいただき

厨房へ早速報告です。

*

みんなが集い、

普段とは違う歌声を聴き、

会話し笑い、食する豊かな会となりました。

みなさんに感謝です。


パーマリンク

2017年12月24日 06:05:16
シンフォニークリスマスの集い

昨年12月、遠方から療養の為に入居されていたAさんが

ご家族のあたたかい支援を受けながら、

お婿さんが主治医となる病院でお亡くなりになりましたが、

今年は、シンフォニーご家族OBとなり、

友人さん等も一緒にお越しいただき

クリスマスの声楽を奏でていただける運びとなっております。

*

CIMG5954.JPG

*

IMG_6730.JPG

*

敬謙なクリスチャンであった今は亡き、

お話のろうそくの会の元会長も、長老であったご主人と共に、

今日は、Aさんと一緒に皆さんと一緒に歌っていただけそうです。

*

IMG_2986.JPG

IMG_6039.jpg

*

CIMG5958.JPG

★★★

真の人生

靴屋さんなら、人が喜んでいつまでも履いてくれる靴をつくる。

食べもの屋さんならば、人に喜んで楽しく食べてもらえるものをつくる。

そういう生き方で生きてゆく、

それが真の人生というものではなかろうか。

坂村 真民

★★★

IMG_6036.jpg

*

CIMG5825.JPG

***

自分等の思い・・・

ご利用いただける全ての人に満足とはいかないまでも、

せめて、

数名の人にでも、

ここで良かったと思っていただける

住まいであったり

病気を癒すグループホームであったり、

通所で一日を過ごしていただくデイサービスであっても、

スタッフ共々ふりかえりながら、

喜んでいただける人を毎年一人でも多くなるよう励んで生かさせていただきたい。


パーマリンク

2017年12月23日 06:55:35
宗教

昨夕、北見市から30分程度離れた訓子府町まで

母方の通夜へ参加する為出かけた。

途中、場所が不確かのままで役場へ連絡すると、

とても親切に

『最近出来た葬儀ホールがあります』と、

とても気持ちよく教えていただけた。

*

IMG_6714.JPG

*

小さな町の利点は、このようなところにもあるのだな・・・と。

会場では、久しぶりの懐かしい叔母や従兄弟夫婦にも合え、

祭壇の遺影に『境野から訓子府のホールまで来たんだね。

暖かい会場でよかったね・・

いつも野菜いただいてありがとね』と合掌する。

とりたてのジャガイモや大きなトマトを

母とお墓参りの後の訪問時には

いつも車まで持参していただいていた。

*

IMG_6255.JPG

*

祭壇の花も華美ではなく

こじんまりとし

今や直送の時代となったが、

個人を偲び

身内が会話し

互いが親戚の顔を知ることもご先祖への供養になるように思えてきた。

IMG_2976.JPG

*

早速帰りの車中でネットで調べるとリーズナブルな価格である。

朝の大型葬儀関係報道では、実際に使用すると

価格に変動があったようだ。

この値段が違ってくると

更に直送に拍車がかかるのだ。

葬儀社の信用が第一であるのはもちろんだが果てはご先祖様まで迷惑がかかり

ご先祖を敬う心までもぎとられていくのだ。

*

IMG_6033.jpg

また、ときおり

職員と会話をするが、自分の家の宗派を知らない人等が多い。

子供の頃から祖母と寺へ参っていた自分は

人生の節目にはいつでも大きく戸が開かれた寺へ

子供を連れ参らせていただいていた。

昔の寺は、教えをいただいたり心の迷いを取り除く身近な寺であった。

・・・

*

IMG_6706.JPG

*

自分の家の宗教をまず子供らに伝えることや、

サンタクロースのように

幼き時には、

目には見えないものを大事にする心を育てる事も

大事なのだと思えてくる。

先日、

高齢者相談支援センターの職員が

終活とむきあおう』と1枚の案内書を持参していただいたが

まず自宅の宗教、家族への周知、そこからかと話がつながった。

*

IMG_2974.JPG

ちなみに

1月19日(金)

1:30~3:30

北見市民会館5号室で予定されているそうだ。

南部高齢者支援センター主催


パーマリンク

2017年12月22日 07:10:30
運営推進会議と中学生からのお手紙

昨日は、グループホームの運営推進会議がありました。

遠方の娘さんも車を長時間運転されお越しになりました。

室温の事、

風邪はひいていないか、

また、参加者全員が発言され、

とくに入居されている親を思う気持ちは

普段の何気ない日常の暮らしを知りたいことや、

*

ご近所のお宅へ、遠方から訪れる認知症をもつ親の事を心配されるなど

参加者のみなさんが

認知症のこと、

特にレビー小体型認知症について知りたいのだと

意見交換から知る事が出来ました。

*

IMG_2967.JPG

*

看取りの報告から、

最後には地域における

看取りの在り方、

地域における認知症疾患の理解を運営推進会議に参加した

皆さんからも

発信できるようお願いをさせていただきました。

*

IMG_6017.jpg

*

運営推進会議は、

親の暮らしぶりやグループホームの評価のあり方も大事ですが、

認知症の学びの場として

参加された友人・家族の痛み分けが合ったからこその

身近に知る事が出来る学びの場であり

その貴重で尊い人等を地域で育成していき発信していただく事も大事なことだと思わせていただきました。

***参加された皆様***

北見市介護福祉課係長さん

高齢者相談支援センターさん

地域の民生委員さん

ご近所の皆さん

入居者ご家族の皆様

入居者の皆様、誠にありがとうございました。

*

IMG_2956.JPG

***^ ^***

北見市東相の内中学校2年生の皆さん全員からの

お手紙を頂いた報告をさせていただきました。

(福祉の時間4時間:生徒さんから折鶴をプレゼントしていただきました。

内容は、ボランティアを知る・認知症の人と家族の会を知る。

高齢者相談支援センターを知る。認知症サポーター養成終了後、

グループワークから自分等ができること)

★北見市東相の内中学生2年生の皆さんへ★

皆さんが書いていただいた文章をすべて

コピーさせていただき北見市に持参していただきました。

市議会などで、議員さんに読んでいただき

小学生・中学生への認知症の純粋な心からの学びを把握していただければ幸いです。

きたほっとの皆さんにもお知らせさせていただきます。

美しい純粋な心に感謝です。

どんなときも笑顔でがんばろうね。

ありがとう・・・


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.