エーデルワイスブログ

2018年04月01日 06:24:46
暗闇にうっすらでも明るい陽射しが届きますように
その場に入ると

『数時間まえにすごい混乱がありました』と、

静かな口調でスタッフから報告があった。

そうか、遅かったか、

明日は、もう少し時間を早め、

混乱前からのその人に寄り添おうと・・決意しながら

・・・・

CIMG5939.JPG

(朝ごはん)

*

遠巻きからあらん限りの笑顔で

背をかがめ

側に近寄り、

気分を確かめ、

いけるかなー。

だいじょうぶ・だいじょうぶと。

自分と、3年前から知るそのご利用者の心中に問いかけるように、

そっとご利用者のテリトリーに入り

手を握る

『・・だいじょうぶ・・』

顔を近づける

『・・だいじょうぶ・だいじょうぶ・・』

おでこをくっつける。

そのご利用者の誕生から今日に至までの

人生を乗り越えてきたその人に敬意を表し

『天よ、心と体の隅々まで届く笑顔をください』と念じながら、

『友人です。前から知っている友人だよ・・」と告げると、

お顔が上がり、

真ん丸くなった目が更に丸くなり

まじまじと顔を隅々眺めていただき、

目じりが下がり微笑んでいただき

『あなたとどこかであったような気がする。

うれしい・・・あなたとお友達で嬉しい・・』

『私もうれしいよー・・』と伝えると。

『あなたと出会えたことが嬉しい・・」と

つぶやくような声で

自ら指と指をからませ、

しっかりと絡ませた手をご自分の顔に引き寄せ

そっと頬にこすり、

静かに目を閉じながら

優しい笑顔が返ってきた。

*

CIMG5940.JPG

(昼ごはん)

*

すると、

顔が正面を向き、視野が広がり

前に座っている男性ご利用者に

『あの人、しっている人』と。

同じ空間に住む男性を指差している。

『そうです。あの方は、石原裕次郎さんに良く似た

素敵な男性で、歌が大好すきな方です」と、

告げると

目の前の男性は、

嬉しそうに

笑いをこらえ、

肩を上下させ、

大きな笑顔と押し込めた声にならない笑い声が『クックックッ』と届き、

*

苦悩の真ん中にいるそのご利用者も、

『そうねー。どこか似ているわねー。

歌はいいわねー』と

話をあわせていただける力も見せていただき

優しい声がかえってきた。

*****

古いスタッフに

再度、近々で知る事が出来た

追加、既往歴と

現実に起きてくる症状と、

最もその人を深く知ることができた生活歴と

今、表出される心の変化の動きと

なぜ起きるのか、根拠と思われる部分を確認し合い、

*

静かな心の時間に

何もせず、

語らず、

笑顔で、

側により手を握らせていただき

介護者は無の心で奥にしまいこみ、

5分・10分の心の動きを吸い取る心の時間の大事さと、

*

まだまだ残されている

笑顔と、

おもいやりと

会話の力と

食を楽しめる力、

食の形態の変化があっても

器の使い方・彩り・盛りつけを指示させていただく。

*

CIMG5942.JPG

(夕ごはん)

*

帰宅前の古いスタッフは、

身支度を整えながらロッカーの前で

『そういえば

随分前ですが、ご自分の人生について言っていた事があります」と、

そこそこ、

そこの言葉が大事だよー。

そこを知る事でね。

その人の人生が少しでも理解できるんだよ。

苦しみも。喜びもね。

・・・・・

そうだったんですね・・と。

今日から新年度のスタートだ!

90代を過ぎた最終の人生を丸ごと抱える

大きな課題に取り組むチャンスが再び訪れた。

人生の重荷を下ろさせていただける喜びをスタッフにも

感じていただこう。


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.