エーデルワイスブログ

2018年05月15日 05:49:46
6月12日研修のご案内(プロの方は自分の為に)
IMG_051633.jpg
*

認知症を患う人をご支援しているプロの皆様へのご案内

認知症の疾患は、大きく分けると

アルツハイマー型認知症

レビー小体型認知症

脳血管性認知症

前頭側頭型認知症に分かれますが、

04SPR19A_2.jpg

この疾患を詳しく知ることから

役所の窓口の相談の方や

地域包括支援センター

デイサービス・デイケア

グループホーム

訪問介護、

特養・老健等で勤務する方などの対応により

全く認知症の人の残された人生が変わってきます。

また、現場においては、二つの病気が合併する混合型もあり、

解決できず、

現場のチームがバラバラになる危険性をはらんでいます。

04SPR23A.jpg

互いの不明な点を抽出し

意見を交換し

医療の連携と

認知症を患うその人が何を要求し何を求めているのか、

(本人の声を活かす)

今、目の前の人の苦しい原因は何なのか、

まず、認知症と言う病気を深く知ることにより、

現場へのアドバイスと

更なる結果報告から、

現場で考え、

現場から発進してきた現場からの様々な症例から

アセスメントの方法を学び

ご縁のあったご利用者の残された人生の苦痛が軽減できるよう

現場の人等の学びの場を提供させていただきます。

●●●●●

04SUM08A.jpg

講師は、数多い役職がございますが

現在、

レビー小体型認知症サポートネットワーク札幌代表

認知症介護指導者等多くの活躍をなされている

*

武田 純子先生による

『各種 認知症の人に対する介護のポイントと

アセスメント・ケアプランの視点』

*

04SPR05A_2.jpg

とき  :6月12日(火) 12:30 ~ 15:30

場所 :北見市市民スケートリンク会議室

(北見市光葉町4番地1)

参加費:1500円

定員 :30名(先着順)

主催:北見高齢者110番の家

後援:北見認知症の人と家族の会

^^

学びは自分の為にするものですね。

お金を払って、自ら学びの時間を獲得するのも自分の為ですね。

04SPR08A_2.jpg

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

◆申し込み先  FAX番号 0157-33-1827

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

04SPR08A_2.jpg

きたほっと  地域貢献事業 担当 山田

◆お問い合わせ電話番号  0157-33-1827

04SPR08A_2.jpg

●~●~●

・・・・記入内容は・・・・・

◆参加する方の氏名

◆連絡先及び電話番号

◆職種(グループ分けの為)

申し込みはFAXにてお願いします。

●~●~●


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.