エーデルワイスブログ

2018年08月16日 05:22:37
紙芝居『曽根崎心中』

紙芝居会場では、くじを引き

値段の書かれたお菓子を選び出します。

懐かしい紙芝居は、

事業所内ボランティアスタッフSさんが、

休日を利用し積極的に北見図書館で借りてきてくれたものです。

*

IMG_7703.JPG

和風ハンバーグいいですね)

*

IMG_7710.JPGIMG_7704.JPG

IMG_7708.JPGIMG_8167.JPG

(ドンンドコドンのドン♪と人が集まりました)

*

紙芝居の内容は、

どこもかしこも

戦争の雰囲気が漂うものがあるかと思えば

曽根崎心中等、

参加した皆さんの年齢の方には、

良く理解できる紙芝居であり、

亡き父が若い頃、

趣味で無声映画の語りをしていたという言葉がふっと浮かび

紙芝居の読み手側に書かれていた

“講談口調”に語尾が強くなる自分がいました。

*

IMG_5937.JPG

*

合間には、

ご希望者に水あめと冷たいお茶が配られます。

少しの時間の休息です。

*

現場の環境に変化をもたらすことで

短時間であっても、

ご利用者も

スタッフも新鮮な空気を取り入れることができます。

*

IMG_5962.JPG

*

シンフォニーを会場に、

入居者様も参加の中

約1時間30分の紙芝居と脳活性を行うと、

音読から

歌、

歌から回想では、

今日が誕生日だと言う○○さんが

『夕焼け小焼け』の歌から

普段は口にもしなかった

優しかった姉さん(おたえさん)を思い出し、

ほっこり笑顔になっていました。

*

IMG_5964.JPG

*

少しでも豊かな時間を過ごしていただきたいと

ご支援させていただく側が

一番幸せな時間をいただけたかもしれませんね。

共に楽しい素敵な時間をいただきました。

ありがとうございました。


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.