エーデルワイスブログ

2018年09月26日 06:26:42
早期受診から自ら考え導く方向性

在宅では、

顔なじみの方も忘れたり、

昼夜逆転し外出からトラブルになる方であっても

住まいが安定し

遠方からでも子供さんが親の為に出かけてきてくれると、

嬉しい感情が残り

近くの子供さんから

「ここで暮らすことになったんだよ。家はここだよ』という

言葉を受け入れられる

まだ、力があるうちの住まいの選択から、

夜間の行動は安定し

これからの人生の覚悟を自ら決めた結果となります。

IMG_63042.jpg2.jpgCIMG7235.jpg1.jpg

1_2.jpg。・CIMG8281.jpg2.jpg

まだ残る記憶を頼りに

ときには瞬間的に混乱する場面があっても

生活相談員の優しい言葉に納得し

自分なりの覚悟を決め皆さんとの折り合いをつけ生活を維持することができます。

生花も短時間で戸惑うことなく活けていただきました。

すばらしい出来栄えです。

一つの達成感が喜びとなり

自信を回復させる場にもなり得ることもできます。

役割は、大事な活性プログラムの一つでもあります。

IMG_8894.JPGCIMG8055.jpg1.jpg

ヨーグルトは毎朝・大豆のきなこも希望者に用意します!

CIMG8281.jpg3.jpgIMG_9950.jpg1.jpg

また、

認知症の治療薬を永年継続していると、

全員ではありませんが、

中には、脈拍が徐脈(脈が遅い)となる方もいらっしゃいます。

デイサービス・GH等では、バイタル測定の意味を知り

記録にとり、医療との連携が急務であります。

しかしながら、

医療はどんどん進歩しても、

頭は活性しながらも、

体には変化が現れる人もいるのは、それも寿命と言えるのでしょう。

だが、考え方によっては

人生の最終まで活性できるのだというプラスの見方もあります。

IMG_9958.JPGCIMG8061.jpg1.jpg

IMG_6304.JPGCIMG8280.JPG

早期受診にも、いろいろな意見がありますが、

早期発見

早期治療から、

早期に安定すると思われる住まいに変える事で

自分なりの方向性を自ら決め

体に馴染んだ場所で最終まで暮らすことや、

最終は、

空間の狭い

少人数しか入ることが出来ない(9名)

24時間介護のついたグループホームに移動し、

老衰であれば看取りもお願いしたいと、

自ら決めておくことで

元気なうちから先を見据えた自分を守る選択となりえることもできます。

福祉サービスを知ることは自分の最終の場の良き選択ともなります。

IMG_63042.jpg3.jpgCIMG7235.jpg3.jpg

地域の施設等を見学する事も大事なことですね。

同じ系統でもいろいろな色があります。

自分に合った色の施設を探す事も必要ですね。

また、

団体の見学は、ご利用者の住まいですから

ご遠慮いただいて当然と自分は考えます。

ごめんなさい。


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.