エーデルワイスブログ

2018年11月22日 07:05:09
その人らしい最期をご支援するためには

先日から何度も何度も、

●終末期看取り説明書

●入居時段階における聞き取り書と契約書

●看取り希望からの現実面の説明書を

あの場面

この場面を想定した内容で手を加えさせていただきました。

CIMG7027.JPG

入居の段階では、なかなかご理解が難しいものでありますが、

家族様がお集まりになる場面は、

ご本人様や、

皆様の今の考えや、親の死を真近に感じるチャンスでもあり,

死と向き合うことで

後悔のしない親とのふれあい方ができることにもつながります。

*

突然に襲う高齢者の病気や

現病・既往歴から引き金になる新たな病気を知ることも

理解への一歩となります。

*

高齢者の死は、食事を全量召し上がるほどお元気でも

急激な変化があるのも事実であります。

終末期と診断されても看取り前期で

デイサービスへ通所できる体力があっても

看取り期に更に

既往歴などから新たな発症もみられる場合もあります。

*

1.jpg

今後は、デイサービス利用中の急変による

終末期チームである

医師との連携が図れる訪問看護が導入できる仕組みも

最も大事な要素となります。

*

机上では考えられない出来事が

現場ではあるのですね。

その人らしい最期を望むには、まだまだ改訂が必要と現場から思います。


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.