エーデルワイスブログ

2019年03月06日 06:53:40
あの手この手からの拒否

老いては子に従えというが、

実の母は、まったく違う!

母の暮らしの安心を問うが、その安心を買うのは子のほうであり、

昨年より少々厳しい言葉と、優しい言葉の交互を届け

あの手、この手で歩み寄り

ついには猫2匹と一緒にこちらへと譲歩しても、

懐には奥の手が用意され、

「いや、猫は家につくというからここは離れられないわ!」と。

*

戦争、戦後を生き抜いてきた母には、

週に1度、ヘルパーさんが来てくれる生活の中では、

全く不自由を感じてはおらず、

介護保険の認定では、生き生きと答えた様子で

「この年代で珍しい」と褒めれた言葉が生きる支えになっているようだ。

*

確かに、できないことを調査するのが介護保険の認定調査であり

気持ちが落胆する人もいるが

母は、要支援1がやっとの状況であった。

だが、母の遺伝子は見事に自分に継がれていることに

よく似ていると思う自分がおり、

未来の自分を見ているようでもある。

*

この次は、どの手を使おうかと

親孝行の姉と遠距離電話を交わしているが、

強行突破は止め、子からの納得する言葉を今後も続けていこう!

そこに尊厳があるのだから。


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.