エーデルワイスブログ

2019年07月02日 06:28:23
在宅に光を当てよう

デイサービスは、

スカッとさわやかに!

スッキリと!

*

DSCN2919.JPG

*

DSCN1853.JPG

(お誕生日)

大きな声で笑う

内臓が運動する。

酸素が多く体内に入る。

ナチュラルキラー細胞が活性し免疫力が高まる。

6.29.JPG

*

副交感神経が優位になり、リラックスできる。

交感神経と副交感神経をバランスよく支援し

一日における個別リズムを把握し

デイの帰り時には、

クールダウンから副交感神経を優位にし夜の安眠を誘う。

*

IMG_1301.JPG*

*

CIMG0420.JPG

【在宅支援から】

家ではできない排便のコントロールは、

デイサービスと協同作戦でチームで対応しよう!

アルツハイマーが進行すると距離感が掴めず、

洋式トイレに座るのも奈落の底に落ちていくような恐怖が襲う。

便座を下げずに座った失敗からの恐怖が残っているのかもと、推察する。

優しい声かけ、

1回に理解できる言葉は1つだけ。

多くの言葉を届けない。

恐怖を感じるならば、

座布団を大きな風呂敷(カバー取り換え用でもOK!)で包み、

背中に触れながら移動していただき、抜き取ろう。

『大丈夫だよ・・・』と、

妻や夫は、よそいきの言葉でゆっくり、ゆっくり・・・

できたら、最大の言葉で褒めて認めよう。

この言葉は、特別な妙薬となって効果を最大限に徐々に表す。

拒否する力、怒る力、嫌がる力、

どれにも理由があり、

まだまだ、力は残されている。

*
DSCN2921.JPG

*

CIMG0418.JPG

食事形態からの工夫とアドバイス、

送迎時の1分間アセスメントから

本人と、家族との円満な関係つくりを支援。

デイサービスは、在宅を支える陰の力を発揮しようと現場は奮闘中。


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.