エーデルワイスブログ

2020年09月22日 06:53:36
人生は常にこれから(到知)

毎月愛読させていただいている月間到知には、

巻頭の言葉が一番興味を引くが、

干支九星学という運勢の欄に、

10月は、出雲に神々様が集まる時期で

各地の神社には恵比寿様が留守を預かっていると。

DSCN7490.JPG

(こんなにごちそうあるの?と)

その恵比寿様は、

なんと右足が不自由で歩けず、障碍(文中)をもちながら

商売や漁業の神様としてまつられているとのこと。

DSCN5483.jpg2.jpg

DSCN5709.jpg1.jpg

(お赤飯の色とても良いですね)

苦しみを乗り越え

得られる幸せから、

人様の痛みも自分の事として受け入れ、

更には人様の願い叶える

恵比寿様のようなお姿や、

DSCN5709.jpg2.jpg

一方では、

勇気をもって元気に回復することができるならば

一歳でも若いうちに機能回復に挑戦することも必要であり

今月号の文中にも『富士山は八合目からが正念場』とあったが、

日本は、

高齢者の数も、

100歳以上の数も、

とても多いことから加味すると、

介護保険の今後が懸念されるが、

DSCN5487.JPG

(皆さんで作った巾着袋)

多忙な働きから

高齢者となった多少の余裕ができた今が正念場であり、

いかに1歳でも若いうちに身体機能の改善を取り入れ

交流の場へ参加し

脳活性も計画的に自ら取り入れることで

乗り越えた苦しさからの喜びがあるからこそ

障がい者と共に

参加型の高齢者や後期高齢者の姿となるだろう。

fe702e3eba5557125f7e1db751ad4c94.JPG

(今週も、ご利用者に活けていただきました。シンフォニー)

世界一の老いた国だからこそ

逆の見方もあり得ると思えてくる。


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.