高齢者の行方不明 一日平均 64.8人

CIMG1290.JPG   
 

 

 

 

 

認知症高齢者の行方不明は

 

いつ 起きてもおかしくない重大課題が 日本各地で起きている

 

警察庁が把握しているだけで

 

年間23000人以上が行方不明になっている

 

 

 

 

 

CIMG1294.JPG

 

 

 

 

 

 

 

行方不明の方は  一日平均    64.8人

発見             一日平均     48.9人

自分で帰宅         一日平均     13.5人

死亡              一日平均      1.5人

未発見              一日平均     1.0人     

 

 

 

 

 

 

 

80代の夫婦の 平穏な暮らしの中に

 

ある日 突然 自転車で出かけたまま家に帰ることができない

 

初期のアルツハイマーの方が いる

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1273.JPG

 

 

 

 

 

 

 

いつもの散歩や買い物から

急に自宅へ戻れなくなる場合など

 

 

自分が暮らす町で 

行方不明者が起きている事実と

 

 

起きるかもしれない事実を 

どれだけの人が知っているだろう

 

 

 

 

 

 

家にたどりつけない

過酷な経験をしている認知症の人がいること

 

 

 

生きた心地がしないと

見守る家族の苦しみが繰り返されている

 

 

 

 

 

 

CIMG1283.JPG

 

 

 

 

 

 

せめて 福祉専門職の人々が

 

認知症サポーター養成時等でも伝えていき

 

一人の人の行方不明から 

 

親身に我が事として考える時代がやってきた

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1280.JPG

 

 

 

 

 

引用文献

認知症の人の見守り・SOSネットワーク実例集より

前の記事

超高齢社会と自分達

次の記事

夢で父と出会う