援助しすぎない介護

04SPR06A.jpg

 

 

 

 

天気も良く温かくなり
グループホームTさんと洗濯ものを干しに行きました。

外では多くの言葉はありませんでしたが
家の中と比べて笑顔が増したと思いました。

洗濯物を自ら手に取り
手際よく干す事が出来ました。

できないと思っていた自分は、
手を出さないこと
待つことを学びました。

グループホーム実践中 下澗

前の記事

春の甘味ツアー

次の記事

手首の返しも料理から