本当に地域で最後まで暮らす為に重要なものとは

002_2.jpg       

 

 

「住み慣れた地域で最後まで暮らす為には」と、

様々な提案があるが、

地域によっては、高齢化率が30〜40%以上となり、

北海道の中においても高ランクを占めている地域も多々ある。

 

 

 

 

n_thing01_2.gif

 

 

 

過疎化によって

地域が活動しなくなり、

住み慣れた場所を嫌でも動かざる終えない人々がいる現実の中、

制度は片方の車輪だけでは動かず、

両輪を動かす制度の充実が不可欠であり、

その為には、超高齢社会という現実を逆手に取る『地域つくり』が重要と考える。

 

 

icon03.gif

 

 

 

現在の「・・最後まで暮らすためには」という名文句が実現できない課題として

 

1)看取り時の介護保険と併用できる医療保険サービスの充実

・認知症高齢者の場合の看取りは3ヶ月・6ヶ月・1年以上となる場面が多い。

・末期癌患者等のデイサービス利用時の医療保険の導入(終末期デイは諸外国では存在する)

 

 

 

020980s_2.jpg

 

 

・少人数デイサービスへの、医療優先とする重度者へ在宅に引き続く医師・訪問看護の導入

・短期入居の利用の場合における同様の導入

・老々介護者への少人数デイサービスからの支援の充実

 

 

 

002_3.jpg

 

 

 

2)実現可能とするためには

・在宅往診医への報酬への充実

・訪問看護への人員確保の充実

・地域の若者、地域の引きこもりの若者・主婦が働ける環境つくり

・元気な高齢者が短時間働ける環境つくりと生きがいの推進

 

 

image.jpg

 

 

など、まさに

「住み慣れた地域で最後まで暮らすことができる」という課題の整合性であり、

過疎の地域から大型地域への移動は、

金銭的にも他への財源の移動となり、

地域には子供や若者、中年、高齢者等が不在となり

過疎の地域は暮らしが成り立たなくなる。

 

 

 

image2.jpg

 

 

 

自分が住む地域に対して、

自分等の地域は何処よりも暮らしやすく

働く場所も有り、

世話になった近所の人々のお世話ができ、

一番大事な地域の生活が成り立つという

どこよりも、やっぱりこの地域で暮らしてよかった」という

シビックプライドを持つことができる、

超高齢社会を逆手にとった手法が重要である。

 

 

 

 

015928s_3.jpg

 

 

 

 

その為には、責任を回避するような縦割り行政を排除し、

瞬時に話し合いができる統合的、

横断的な行政つくりが、

もっともっと重度化する超高齢社会に不可欠と考える。

前の記事

もちつき