脳挫傷からの高次脳機能障害と認知症を患う人の支援

CIMG6127.JPG    

 

 

 

 

 

認知症と一口で言っても、その内容はとても複雑であり、

その人に合わせた良い環境を設定する為には、

既往歴を知ることも介護の手立てとなります。

 

 

 

 

 

04HER04A.jpg

 

 

 

 

Aさんは頭部外傷後遺症における「高次脳機能障害」を患い更には認知症と闘病中であります。

在宅介護者の疲労は想像を絶します。

 

介護現場に求められるものは要介護者の対応基本そのものですが、

 

 

 

 

 

 CIMG6926.JPG

 

 

 

 

 

更にその人が発する表情や行動からの分析、

その人が座る位置、その人が好むもの、少人数などの環境設定、

現場においては、より深い本人の意思や早期のシグナルの把握が必要であり、

最も重要なのは、すべて丸ごとの受け入れ態勢であり信頼であります。

 

 

 

 

04HER09A.jpg

 

 

 

 

回を重ねたカンファレンスから、

決められた迎えからのストレスを緩和する為

あらかじめご家族様に通所可能な日を事前に通知し、

ご家族様が把握した「調子が良い、今日は通所が可能」と判断された日に連絡をいただくことで、

通所が可能となりました。

 

 

 

数ヶ月は何度も空振りでしたが、6ヶ月以上の現場と家族様との”あきらめない介護”の連携が実を結びつつあります。

 

 

また一つ現場を育てていただけることに感謝であります。

 

 

 

 

 

CIMG6125.JPG

 

 

 

 

☆☆☆現場報告☆☆☆

 

 

A様、連続で通所できました。

発語はあまり無い方ですが今日はご本人から「ありがとう」「もういい」等

しっかり意思表示して下さいました。

さらに皆さんでテーブルを囲んでお茶を飲むことができました。

奥様も大変喜ばれていた姿にスタッフも心から嬉しくなりました。

 

デイサービス 五号館 樋口

前の記事

東京物語