認知症進行阻止

DSCN1140-.JPG

あんた、たいしたもんだ!

アラーこの漢字は、お父さんの字かな・・

それぞれの力に合わせ

楽しく、

考えながら、

指を動かし

お隣さんも仲間に入り言葉が飛びます。

IMG_1658.JPG

*(職員手づくり)

012.JPG

*

残された力、

力は活用しなければどんどん足腰と同じように衰えます。

認知症の進行を止める薬と

介護からの認知症の進行を止める力の両方が必要です。

*

IMG_1664.JPG

頭の体操後は

(ヨーグルトパフェ4月入り社員作成)

0122.JPG

:::::::耳よりなお話:::::::

北見日赤認知症疾患センター主催:在宅介護者からの言葉

誕生日のお祝いで色紙をいただくのだけれど、

本人は、その年齢を理解しておらず

『こんなになっていないよ』と戸惑う場面がある。

年齢を見せないように工夫し配置している。

(北見よりそいの会、会員さんより)

介護側の〝頑張っていますね。おめでとう”という願いを込めた

年齢表記との

ズレが生じていることに、

後のグループワークでは

『そのような意見もあるのか!・・・』と

驚きの意見が多数ありました。

また、その人を個別で介護している中から

今、どの時代で暮らされているのか

ご本人の

『言葉』の記録の大事さについて考える時間となりました。

IMG_0413.JPG

IMG_04212.JPG

★★

認知症の人のためのケアマネジメント

センター方式C-1ー2シート(私の姿と気持ちシート)の

定期的(ケアプラン作成&変化時等)な活用が大事と改めて思います。

前の記事

釧路

次の記事

支援・・とは&勉強会