自分の事として考えると

IMG_1072.JPG

*

今、大きな荷物を背負い

最終を懸命に生きている人々に喜んでいただこうと努力をすること。

今、苦しんでいる人々にやすらぎの時間をもっていただこうと考えること。

*

IMG_1105.JPG

頭の中にを入れ考えると

物事への道筋がついてくる。

なぜ、屋内に入れないのか、

なぜ、外が良いのか、

その理由は

もう、そこに住むことができぬ環境になっていることを物語っている。

自然は、

これでもかと

采配を試すかのように

人々に苦痛を与えているようだが

今、苦しんでいる人々の心の声を聴きなさいと

言っているようでもある。

いつまでも人は無防備で外で暮らすことはできず

命にも限りがある。

CIMG2278_2.JPG

住む場所ではなくなってるのであれば

その地から

困難であっても、

あらゆる、

あらゆる手段を講じても

脱出し

救出することを考えるべきなのであろう。

人は生きているのである。

しかし

命には限りがあることを様々な人々が自分の事として

声を出す時期がきたと考える!

命には限りがある!

前の記事

今、できることから・・

次の記事

咲き誇る花々