認知症の人からの学び

これまでの屋内の生活から

二人ずつの屋外で、間隔をとりながら苗植えや花畑の手入れが始まった。

北国の生活は『桜が咲いた!』と喜んでいるうちに、

暑いねーと、言う日から、あっという間に寒くなり秋を過ぎ冬になり

閉じこもりの生活が再び押し寄せてくる。

🌸🌞🌳⛄

介護を必要としている人等は、真面目に真摯にコロナ対策に文句も言わずに

『我慢だ・・コロナだから』

『そんなこと、わし聞いたことないよ!』と。

👵

スタッフは、何度も聞かれるたびに丁寧に説明し

気分を盛り上げようと、

資材を用いて祭りにあったようなスマートボール作成に取組んだり

先日までの非常事態中であっても

楽しく豊かな気持ちになるようご支援させていただいている。

🌷

🥒 🍆 🍅

オンネナイ原野 野菜・花 畑

認知症の人、当事者等がまとめた本が出版された。

  • 当事者だから伝えたいこと!
  • 認知症と診断によって変わる環境
  • 認知症の人が想いを伝えられない心理的背景の理解
  • パーソンセンタードケアとの出会い
  • メンバーと一緒に行う営業活動
  • 認知症の人が社会をケアする

📚

まだまだ、たくさんのお宝が本の中にぎっしり!

自分も含め、プロの思い込みの介護支援にならないように

認知症の人の当事者目線はとても貴重。

<゜)))彡

🌼

🌷

東北福祉大学 矢吹 知之先生編著 

中央法規出版

『認知症とともにあたりまえに生きていく』

2021年6月発行されたばかり。

¥2200円

 

 

 

 

次の記事

遊び小屋