生きる事と自然を慈しむ環境のありがたさ

今日という日、

もうすでに過去となる1秒1分の経過

 

 

 

このように人生は、

あっというまに過ぎ去ってしまう。

だからこそ、

あのこと、

このことと、

考える事が必要なのかと思い出る。

 

 

 

せめて、

今日という日を笑顔で過ごし

人には良き言葉を届け

自分の言葉をふりかえり

コミュニケーションは円滑にできたかと問うが、

 

 

窓から見える

太陽の陽ざしに心が喜び

キラキラ光る雪の反射に美しいと感動し

シベリアから飛来してくれたツグミの姿や

雀のさえずりに心が潤う

 

 

生きることと

自然を慈しむことができる環境は

この上ない財産だ。

 

 

 

 

 

前の記事

成人式

次の記事

鏡開きNew!!