心の会話

写真を見ながらの食のアンケートから

グループホームでは、

それぞれ、好みの物が上がってきたが

1階・2階と少々違い

年代からの

食した場面での思い出が

脳裏に映像となって映し出され

多くは

喜びであったり、楽しかった思い出と共に食した場面が浮かんでいる。

 

 

認知症の病気なっても互いの意味が通じなくても

それまで培った人生から身に付いたものが働き

会話から

うなづき

「そうだ・そうだ」と、微妙な会話の「間」で相槌をし、

共感し、

多くの言葉を届けているわけではないのに

忘れられない辛い話をしていた人の心もほぐれ、

聞いていただいた隣の人との見えない距離が接近する。

 

 

遠くの人でも

会えない近くの人でも

心の入った電話からお薬よりも即効性があるようで、

 

 

 

人は、

話す言葉は少なくても

受容と共感で

随分と心が軽くなることをご利用者の皆さんから教えられる。

 

 

 

前の記事

希望

次の記事

今、湧き出る感情