救う人々へ

 

 

世の中の道がないなら

道は

自分等でつくると良い

 

 

与えられた道より

そこは

自由で

自分以外の誰かの役に立つ事なら

そこに

希望が湧き

感謝する心が育ち

やがて

生きる原動力となり

明日への生きる喜びが湧いて来る

 

 

それが仕事であるならば

やらされるのではなく

誰か一人の人を思い

困難であっても

やがては

自分への

今を生きる証となるだろう

 

 

前の記事

鍛える自身に心が届く

次の記事

希望