豊かな一日

連動する作品つくり  Ⅲ号館

 

お月見団子も作品ですね。シンフォニー

すばらしい!!

入居者様、隠れた才能が開花^^嬉しい!!

 

友人の加藤氏の紹介から

ベトナムからお二人が来ていただきました。

指導していただいている聖子さんとも、これから連動です。

 

お二人は従妹の関係でお一人は看護大卒業です。

グループホームの現場ご挨拶では、

何といっても喜んでいただいたのはご利用者様です。

 

トントコ・♬トントンと、

認知症の人の意思発進から模倣のコミュニケーション技術をマスターです。

 

アイフォーンを使いこなし、伝えた言葉も

理解しやすいように変換です。

このような使い方もできるのですね。

 

現場の統括や管理者等は、カタカナで自分等の名前を首から下げ歓迎です。

 

笑顔と笑顔の

心の交流から笑顔が絶えないお二人です。

夕食は、日本ならではの、

めでたさを表すお赤飯で皆さんでお祝いです。

 

そうかい・・

そんな遠いところから・・・よく来たね^^と。

たくさん食べなさいよ・・普段は言葉少ないAさんですが

孫のように・・歓迎です。

あったか~い時間が経過しました。

 

寮にも先輩看護士が住み込み、事前準備から

カーテン取り付け等、

何かとお世話をしていただいています。

 

夜には、感謝!感謝で

まん丸お月様も見せていただき

一日が過ぎました。

 

また、新しいページが幕開けです。

 

 

 

 

前の記事

食欲と収穫の秋を楽しむ

次の記事

無言の交流の深さ