夜間帰宅願望時の優先は、面会でした。

心と行動

 

A子さん、夜間ひと眠りをすると起床され

帰りたい願望が強く、

おもわず、お隣の家をトントンと叩く行動をします。

これが、近所の家であれば

チャイムを鳴らすこともあるでしょう。

 

心が落ち着かず

「どうしたらよいのだろう。」と

認知症になる前から知っていた人々の顔が浮かんできます。

あの家か、

この家だったか・・と

探すこともあるでしょう。

 

自分等は、なんとか制御ができますから

夜間、睡眠が困難でもテレビを見たり本を読んだり

自分を安心させる術を持ってます。

 

🌹

( 首筋ホットパック中(血流促進)と

副交感神経を誘引中の機器運動)

 

🌹

A子さんと話し合いました。

自分は、頭が変になっているんだ。

寝ぼけているんだ・・・・と、言いながら涙が幾筋も流れています。

😿

看取り時も、心のSOS発進時も同じと考え面会案内をこちらからお願いです。

 

お身内に連絡すると、

すぐ家族3人で飛んできてくれました。

🌹🌹

(作品を改めて見直し中です)

🌹🌹

 

別な棟で感染対策修了後面会です。

「すいません。すいません」と。

涙を流しながら謝るのです。

なぜ謝るのでしょう。😿

認知症になったら心もどこかで、ひけを感じているのでしょうか。

 

👼

認知症は病気です。

堂々と生きてほしいですし、

そのような環境をつくることが必要だとA子さんに教えられました。

 

その夜は、

夜勤者の何度かの、

ことばがけで、ぐっすり寝ることができました。

 

🌹🌹

🌹🌹

 

先に察する心、

相手の心は今、どのような思いでいるのだろう。

相手の身に置き換えると痛さが理解できることもあります。

認知症になったからこそ、

人の心は大事にしなければならないことを学ばせていただきました。

 

🌹🌹感染対策後マスク着用にての面会場所ご案内🌹🌹

 

グループホーム  1階事務所道路側全身ガラス大必要時窓開きます。

シンフォニー   1階ベランダ側続きウッドデッキ

五号館      1階ベランダ側 ウッドデッキ

Ⅲ号館      1階、ベランダ側及び玄関

華蓮       1階 玄関

有料老人ホーム(予定)1階事務所窓・及び居室ベランダ

濃厚接触者でない事

発熱が無い事

下痢が無い事

インフルエンザも十分ご配慮をお願いします。

 

 

前の記事

ご利用者が先生^^

次の記事

回復を目指す支援