毎日の報告が楽しみです。

今日は、

住宅型 有料老人ホームエーデルワイスの昨日の状況のご紹介です。

毎日、朝晩の検温・酸素濃度・血圧・脈と活動状況、家族様との交流、

食欲、湿度、室温、感染防止対策状況が届きます。

 

 

Iさん、午前中は「私し読みます。いですか」と、

皆様に朗読のご披露の時間です。

真剣に読み、

拍手されると笑顔で「ここでおしまい。有難う」と笑顔です。

(^^)/

午後には、踊りを披露され笑顔です。

「ちょちょりこ♪」とリズムつけていました。

拍手受け「ありがとね。と嬉しそうです。

🌷

 

🌷

Oさん、自身でことわざドリルを読み、白い紙に鉛筆を持ち回答される面あり。

「書けるかな~」と不安ながらもすらすらと丁寧に書いています。

「すごいかけていますね^^」と声掛けに「嬉しい。良かった。ありがとう」と。

現場より

 

(撮り貯めた写真より)

 

 

🌷

介護現場は、ご利用者と共に暮らす人生の場であります。

暮らしやすくする為に、

その鍵となるのは支援する介護者側であります。

🌷

その人(個人)の人生の歩みを知らない支援は

大きな全体介護の流れ作業となり疲労感が増すばかりとなります。

🌷

私たちには

感じる心があり、

その人がどのような人生を歩み、

今、何に苦しんでいるのだろうと考え、

導くことで、

その人の喜びや強みを知り、

ご利用者である、その人との距離が近くなるチャンスでもあります。

せっかくの人生、

笑いながら過ごす時間となることが互いの豊かな人生となると自分は考えます。

 

 

 

 

前の記事

自然に生きる

次の記事

デイサービスⅢ号館