エーデルワイスブログ

« 『昔の道路はしっかりしていた』と | オレンジカフェご案内 »
2016年09月01日 07:07:47
100年後の子孫にも

残暑厳しいですが、

利用者様に平穏な暮らしを支援できる事に

改めて感謝です。

*

デイサービス華蓮では

ピアソン記念館へ午後から脳活性で外出支援です。

大正時代、廃娼運動や

慈善事業に取り組まれたピアソン夫妻が住んでいた

家が残っております。

北海道遺産シリーズによりますと

アメリカ人宣教師ピアソン夫妻の私邸として1913年に

建てられました。

日本の農村や農民を救う力になりたい』と願い

開拓伝道をめざし

北海道へやってきました。

徒歩や馬の背に揺られながら

帰国までの間、選んでいただいたのは

北見の地でありました。

開拓者たちに忍耐と勇気と希望を与え続け、

北見の精神文化の源となっていますね。

*

CIMG1566.JPG

北見に在籍している利用者さんでも、

『知らなかった』と、

驚かれていましたが、

今後、30年後、50年後、100年後の日本を思うと、

台風等の災害から子孫等が日本全国の地を

建て直すには

人の不足

資金の不足等、

考えると

今以上に困難と思えてきます。

*

CIMG1556.JPG

◆◆

頑丈で決壊しない安全な堤防、

流流と水かさが増しても安全に流れる川

緑茂る山

頑丈でどのような台風にも負けない橋

国を動かす人々の働き、

優先順位のつけかた、

国民の考えなど

政党も宗教も度外視し、

一丸となり向う勇気が

100年後の子孫から求められているように、

人々を犠牲にした台風から

一市民としても、

考えられることだと思います。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.