エーデルワイスブログ

« 異次元の世界 | 犯罪の陰に認知症があるのか? »
2016年09月07日 06:23:10
年に1度の健康診断には脳の写真も必要な時代・・
14397437c0bd4ac1b51f571fe1a72c71.jpg

認知症を知ろうとすることや、

認知症とはどのような病気なのだろうと、

家族や

友人、

ご近所の人々が一日も早く知識を取り入れることで、

その地域の地域力が違ってきますね。

027.JPG

施設入居者の8割は認知症といわれております

認知症の人のいないところを探そうとやっきになる方も

おりますが、

認知症介護ができるスタッフは

すべての人の心地良い介護ができるのです

認知症という病気の理解がなく、

怖い病気と思っていたのは

随分昔のことであり、

今もそのように思うのであれば

知識が届いていない現実でもありますね。

スタッフの人々等に『どの人が来ても皆さん優しいね』と、

良く言われますが、

病気を学ぶ事で

病気の中核症状への刺激を少しでも

和らげようとする働きであり、

それが

プロの技術でもあります。

CIMG1595.JPG

(入院中のハビリ成果で身体低下なく、

退院後の一般デイサービス華蓮受けれです。)

CIMG1598.JPG

認知症を患う人々は、

心根は優しく、

親からいただいた誕生時の心に戻り

認知症を患う人が、

病気で体が動かない障がいをもつ人への思いやる場面は

私たちの心を

洗い流していただける場面となります。

認知症の初期には、

家族が判断のつかない方が多いのですが、

周りの人々が早く気づいている場面が

多くあります。

CIMG1181.JPG

(夕食)

周りの人の意見を参考に

早期の受診

早期の介護保険導入から、

認知症と診断をされた場合には、

初めは家族のショックは大きいのですが

その後、

今後、長く続く生活を穏やかな場面へと導いていただけます。

健康診断には、脳の写真も必要ですね。

自分も・・・

************

★★★

レビー小体型認知症サポートネットワーク北海道《札幌》


お知らせ

DLBSN実務者のつどい

レビー小体型認知症について

実務者の為の学集会のご案内です。

事例を元に皆さんで検討する会です。

事例提供は『疾患センター』です。

◆◆◆

日時:2,016年9月24日(土)17:00~19:00です。

場所:エーザイ株式会社 札幌コミュニケーションオフイス

札幌市中央区北3条西4-1-1 日本生命札幌ビル13階WEST)

お問い合わせ先は、

(有)ライフアートまで。電話011-879-5611・FAX011-879-5612

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.