エーデルワイスブログ

« 超高齢社会の地域維新 | 心地良い自然環境支援が互いに心を癒す »
2016年10月07日 06:39:52
生きる
CIMG3781.JPG
*

ご飯の炊き上がる匂い、

ご飯の炊き上がりを知らせる軽やかな音、

二度寝入りから

幸せな生活音からの覚醒です。

**

また、

そんな悠長なことは言ってはいられない、

ご両親の介護の中での起床の方は、

*

『日々の介護から、

デイサービスへでかけたときが自分の時間なんです。

外出するのは1週間に1度の買い物からのお出かけ、

今日は、思い切って出かけてきて良かった』と

地域包括支援センター主催の

『ほっと ひといき』

から、お言葉をいただきましたが、

どのような場面でも

その真っ只中にいるときは、

様々に考える事がつきまとったり、

忙しく時間と戦う場においては、

家から一歩出るときには、

有酸素運動を何十回も行ったような疲労感を感じますが、

IMG_3748.jpg

それも

これも、

最期のときには、

良き人生だったとふり返ることにつながるのでしょうね。

・・・・

★Mスタッフから、心に響いたことばの紹介です★

私事ですが、息子が本日23才の誕生日で、出勤前に

「産んでくれて、育ててくれた、お母さんに感謝」と

短い言葉のメールでしたが、

朝から気持ち良く、

「よし・頑張るか」と思いまして、

今日1日、

利用者様、

家族様、

スタッフの声を聞き、

私からの言葉は、どう届いてるのか・・・

考えながら1日勤務できました。

●●●

このような

文明の利器、

メールの使い方は心地良くて親子の絆を深めますね。

親だからこその“幸せゲット”おめでとう!

◆◆◆

019.JPG

自分から始まった人生、

生まれてくるときも一人

最期のときも一人であります。

せめて、

縁のあったこの土地で

共に

よりよい人生を

自分から一歩踏み出しましょう。

(10月5日資料より)

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.