エーデルワイスブログ

« プロとは人生修行の達観者 | 介護に就いていて良かったと思える体系づくりを! »
2016年10月31日 06:32:26
あんばいの良い支援

○十年前には、

家族と交流する時間も無く

忙しく働き続けた人々、

*

IMG_1960.jpgIMG_7915.JPG

IMG_1956.jpgIMG_8145.JPG

(これめんこいねー)

*

『少しの休む時間があれば・・』と思っていた若い頃であったが、

老いて

今、

何もする時間がない日々は、

むなしく

テレビを見ているといつのまにかすやすやソファで眠ってしまい。

夜には

みんなが寝る頃には

なんだか『働かなければ』という意欲が湧き上がり、

たんすの引き出しを開け

洋服を入れ替えようと考えながら行動するのだけど、

いつのまにか

部屋中が洋服でいっぱいになってしまった。

*

今、老いて、

あれほど

休みがあればなーと思っていた頃が懐かしく

*

IMG_7892.JPGIMG_8129.JPG

5.JPG3.JPG

*

少しの役割があると

あの頃の

あの時間を懐かしむように

体も

心も

不思議に動き出し

言葉も、いつもよりもはっきりと

痛かった体も嘘のように動き出し、

食事も美味しく

あちこちと体を動かすと便通も良く

仕事から

差し出されたお茶も美味しく飲み干し

『もう一杯いかがですか」と言われると

『あらーまた、ごちそうしてくれるの。悪いねー』と

心が動き出し

会話がスムーズに進みだす。

*

IMG_7906.JPGIMG_7954.JPG

*

自分が出来ることを頼まれ、

「ごくろうさまでしたねー。助かりました。」と言われると

自分でも役に立つのだと嬉しい感情が溢れ

これぐらい、いつでも言ってネー』と、

夜には家族共々

同じ時間に睡眠に入り

ぐっすり

朝まで寝ることができる。

***

地域においては、

町内会でも

寄り合い所でも

老人クラブでも

気持ちよく参加する場があると

住み慣れた道を仲間と歩き、

住み慣れた家で

慣れた布団で

あんばいの良い枕で

最後まで過ごす事ができる。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.