エーデルワイスブログ

« はたらく こと | 生きる »
2017年01月17日 06:17:22
食べる時期と、止める時期

高齢からの体調低下時には、

継続して食欲がない方には、

おかゆ等、胃腸への負担が少ないものを提供し、

それも全く手をつけない場面では、

お医者様からの栄養補助食品の提供となりますが、

再度、

食べていただけるものをアセスメントすると

ヨーグルトの他に

果物の缶詰、

甘めのドーナッツなど、

ことばも添えると完食していただけました。

*

IMG_9397.JPG

甘味はエネルギー源ともなりますね。

訪問介護からの「ダメだった。・・食べましたよ!完食でした」という

こまめなミニカンファレンスから、

食べていただけたときの喜びが

○○さんに伝わっているようでもあります。

しかし、

諸外国では食べない権利もあり、

尊厳でもあります。

食べる意欲が残されているかどうかの見極めが必須で、

自分等は、継続して

その意欲を引き出す支援が必要と考えますが、

*

IMG_8872.JPG

老衰や認知症の終末期には、

その意欲が途切れた場面では、

お医者様の診断となり、

指示がでましたら、

家族様との再度の納得からの契約となり、

訪問看護さん等との連携による

看取りの支援に入ることもありますが、

*

IMG_1189.JPG

最期まで希望を持ち

一日も長くシンフォニーで暮らしたいと

家族様の希望で側に付き添っていただき、

意識レベルも高く会話もしっかりできる場面では、

少しでもお好きなものを持参される等、

あらゆる親孝行の場を支援させていただくことも貴重で、

病院搬送後、1日経過するか否かでお亡くなりになった方もおります。

この期間の、

送る人、

送られる人の精神的満足度はとても高いとも思われます。

*

IMG_9388.JPG

(昼、たけのこ寿司は大好評でした)

グループホームや、シンフォニー等、

今までの経験では、

看取りはどの方も苦しまず

眠るように、

側にいる家族様も

いつ逝ったのか気づかない場面もありました。

自宅での看取りも年々増しておりますが、

まだ、そこまではと言う方には、

グループホームや

有料老人ホーム

高齢者住宅等、

医師や訪問看護等の人々が、

気軽に

出入りできる場所だからこそ、できることもありますね。

◆◆

しかしながら、

何と言っても在宅での看取りを支援していただける

お医者様の

ポイントを高める支援がなければ今後、

終末期往診医師が増す事は困難と現場から思います。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.