エーデルワイスブログ

« 食べる時期と、止める時期 | シンフォニーから地域交流・国際交流へと »
2017年01月18日 06:28:03
生きる

洋食

中華料理

いろいろありますが、

どれも日本人の好みにより変化し

日本独自の中華料理も食卓に並びます。

*

IMG_1702.JPG

*

食の評価は

箸の進み具合により

スタッフは

味も含め、ヒットしたメニューかどうかを見極めます。

*

食にこだわると、

上限はなく無限大に広がりますが、

出来上がった料理の提供には、

見えない多くの付加がかかっております。

IMG_1694.JPG

ことばにならない部分は、

満足と言う評価で

どちらも気持ちよく消化できますね。

IMG_8894.JPG

盛り付けの一つでも

見せ方により

料理への関心が高まり

気持ちを引き寄せ

認知症という病気であっても

集中していただく事ができます。

IMG_1693.JPG

介護現場から思うことは、

美味しい物の提供は、

日頃の

不満を解消させる力があります。

食は心と体のバランスを保ち

心を開放し、

高齢になると命と直結となるほど重要で、

食事が進まなくなると、

お腹がすいたと反応しなくなることもあります。

*

お好きな食べ物からの刺激は、

食べる事を今一度、気づかせるチャンスでもあります。

IMG_1699.JPG

◆◆

昨日の1月勉強会からでも、

訪問介護より、

Drからの栄養補助食品と

ヨーグルトの中への1本分の細かく刻んだバナナと、

希望すると思える特別なメニューの提供から

見事に摂取してただき、

しばらく病から床に伏していた高齢の女性が、

エレベーターもあるのですが、

スタスタと階段を降りて食堂まで来ていただいたと

喜びの報告がありました。

嬉しいですねー!!

IMG_1707.JPG

(何度もの基本知識取得後は、困難事例検討会、

聞くことはすべて各事業所の学びです。)

*

IMG_1700.JPG

(23名の用意したお弁当が足りなくなりました。

ありがたいです。)

IMG_1697.JPG

(今年初のじゃんけんポン大会

Nスタツフが市内を駆け回り調達です。)

手をかける時期に、

手をかける周りの環境があるかどうかで

残りの人生の質が変わりますね。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.