エーデルワイスブログ

« シンフォニー高齢者住宅(住宅型)の生活相談員の仕事 | オホーツクの大地 »
2017年04月21日 06:50:31
感性を引き出す

新人歓迎会と4月勉強会

今回は、場所を変えレストランで実施です。

介護処遇改善金も自身のレベルアップ意欲のポイントとなります。

まだまだ試行錯誤の中ですが、

実りあるものにし、ご利用者に還元しなければ意味がありません。

26名の参加でした。

*

IMG_2557.JPG

感性を磨くにはどうしたらよいのか、

辞書で調べると、外界〈物事)からの刺激を深く感じ取る働きのようであります。

介護の技法を理論的に伝えても、

困っている現場に直ぐに生かすには相当の時間がかかります。

●●

そこで、深く感じていただく為に

少しの講義と、

混乱から改善への

目からうろこの場面を収集し

映像でみてもらいました。

*

IMG_2555.JPG

●●●

この同じ時間・同じ空間の中においても

感じ方はさまざまですが、

介護の勉強を3年間たっぷり指導されてきた新人K君や、

*

よさこいで踊りを通して

自分を表現する2年目を迎えたMスタッフは、

敏感にキャッチです。

いえ、

他にも多くの敏感な方もいたようで今後が楽しみです。

IMG_2559.JPG

*

★★★現場管理者より★★★

○○様には、スタッフの○が、

本日は、朝からスキンシップを

いつもより多く取り、

沢山声掛けを行いました。

昨日の映像から、目線を合わせ、触れる事を多く

取り入れました。

いつもなら、日に3.4回は気分の変動がありますが、

今日はほぼありませんでした。

管理者○○

*

IMG_4934.JPG

(夜の甘酒・手づくりがんもは大好評:シンフォニー)

おいしいものは心の”もやもや”を吹き飛ばし、

日々の介護を助けるものとなりますね。)

スタッフが困る場面は、

ご利用者は、その何倍も困っているのですね。

斬新な認知症介護技術の学びは、

認知症介護指導者の初期の先輩が伝えてきた、

痴呆症と言われてきたときからの

認知症介護の基本に通じるものでありました。

時代と共に、

根拠は同じでも、

伝え方の違いは、時代の流れの中では必要のようです

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.