エーデルワイスブログ

« 現実 | 音は一瞬ですが言葉は重い »
2017年04月25日 06:16:50
弟妹の為に働き、それでも夢を叶えようとする高校生の姿から

高校生ワーキング プア

今日は、偶然にも厳しい現実の中で生ききる高校生の姿を

早朝のNHKテレビから知ることができた。

*

彼等の親や弟妹への思いは、

言葉で表すには、どのような言葉も軽くなり、

上手く表現できないのが残念であるが、

親を亡くし

希望を捨てず

兄弟で励ましあい

互いの卒業式には互いが出席し、

あらゆる人々に感謝し、

貧困に負けず、

いや、糧として

目には見えない真実の幸福を手にしている事実があった。

*

04SPR19A.jpg

*

2回目の再放送のようだったが、

自分の周りは大丈夫?と

地域にも関心を寄せさせる内容で、

明るい時間帯に

多くの人に何度でも見ていただきたい

外国の話ではない、

日本の現実なのだと

驚くような姿を知ることが出来たが、

*

その反面、

物事には必ず両面があり、

歯を食いしばりながらも

全うできなかった若者も多数存在するのだろう。

しかし、達成できずとも、その経験は無駄ではなく

人生において

痛さや苦しさの体験は、

年を重ねるごとに

熟成された人間となっている人は自分の周りにも多く存在する。

*

04SPR05A_3.jpg

*

いろいろ、きな臭い世の中になっているが、

国として隣国として互いが何を大事にするのか、

生きていく為に、

弟や妹を助け働く高校生から

深く考える時間と、

考える“ものさし”をいただいた思いだが

同時に

自分の甘さにも十分気づかせていただいた。

ありがとう。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.