エーデルワイスブログ

« 『キッズサポーター養成できることになりました!』と・・ | ケアの中身を精査する »
2017年05月19日 06:29:39
希望

種まく前の畑には希望がびっちり

ぎゅうぎゅうと

詰まっている。

*

IMG_1239_2.JPG

◆◆◆

自分等の仕事も、

よーく!

じっくり

アセスメントすると、

さっきまで大声で『帰るわ!』と叫んでいた人が

ふむふむ・・』と

叫んでいた事が嘘のように会話が弾んでいる。

*

IMG_3270.JPGCIMG4260.JPG

みると、

話を聞いていただける人が、

ちょこんとそばにいて、

ときどき宇宙からの電波のように話が途切れ、

急に方向転換する話題にも

しっかり、

頷き、

認知症を患う人が

認知症の人をしっかり

誰よりも

優しい目線で対応していただいている。

*

IMG_0374.JPGIMG_3257.JPG

人対人へのアセスメントで見守っていたスタッフは、

互いの表情から、

頃良い時期を見計らい、

声にボリュームがある人を

小声でささやくように

非言語的コミュニケーションから、

顔がはちきれんばかりの笑顔と

手でご案内するようにジェスチャーを使い

*

IMG_0373.JPGIMG_0801.JPG

落ち着いて過ごせる

次への展開へゆっくり導き

また、

その人への目線が嵐のようになってはいないか?と、

人間無線やアンテナの感度を良くし、

その人の成功例の記録から

その人独自の日々の暮らしを整えようと、

スタッフ人間トラクターを、フルで操作し自らの心を耕している。

*

IMG_1240_2.JPGIMG_3310.JPG

田畑の現場も

認知症を患う現場も

休耕した田畑は、再開するのが容易ではないように、

希望を捨てずに

小さな成功が実りのように

統一したケアから

スタッフ間のコミュニケーションを活発に黙々と働き続けていると、

認知症を患う、その人の場は居心地が良く

*

IMG_1178.JPG

いつしか

混乱していた時期も遠くに過ぎ去り、

子らの為に生真面目に働き続け背負い込んだ大きな荷物を降ろし

やがては、

春の日差しが差し込む時期が訪れたように

母親の傍で居眠りをする幼子の様に

穏やかな時間が多くなるだろう。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.